フォト

twitter

無料ブログはココログ
2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

今日の時事英語

  • 今日の時事英語

« 平成22年度第22回参議院選挙に思うこと | トップページ | 海自潜水艦を増強 活発化する中国海軍に対処 防衛大綱改定 »

2010年7月19日 (月)

F2戦闘機を追加調達 FX選定難航で防衛省検討 中国脅威に防空を穴埋め

F2_2_4

次期主力戦闘機(FX)の機種選定の遅れを受け、防衛省がF2戦闘機の追加調達を検討していることが18日、分かった。中国が航空戦力を近代化させていることを踏まえ、防空体制に空白が生じるのを防ぐ狙いがある。平成23年度に終了予定だったF2の生産が途絶えれば、戦闘機の生産・技術基盤が失われるとの防衛産業の懸念もくむ措置でもある。

FXは老朽化した航空自衛隊のF4の後継機で、約50機を導入する。防衛省がF2の追加調達の検討に入ったのは、FXの選定の遅れに加えF4の退役も数年後に迫っているなかで、防空に穴を空けないための「次善の策」といえる。調達数は20機程度を想定。決定すれば23年度予算案の概算要求に盛り込む。FXの機種選定は平成18年に本格化し、防衛省は当初、米空軍の戦闘機F22ラプターを本命視した。F22は第5世代機と呼ばれる最新鋭で、レーダーに捕捉されにくいステルス性の高さが特長だ。だが米国はF22の輸出を認めず、昨年4月には調達中止も発表し機種選定は振り出しに戻った。

現在の候補は米英などが共同開発中のF35ライトニング2、米国のFA18E/F、欧州共同開発のユーロファイターの3機種。防衛省はF35を有力視するが、開発・運用試験の段階で、量産は早くても28年ごろからと見積もられている。

追加調達の検討を迫られているのは、中国の航空戦力の増強も影響している。中国はSu27やJ10などの導入・生産を進め、F2と同じ第4世代機の保有数は約350機。約140機ある在日米空軍機でカバーするものの、F2にF15を加えた空自の第4世代機は約290機しかなく、水をあけられている。中国は第5世代機も31年ごろに運用を始めるとの分析がある。

現行計画では、F2は23年度に最終機の生産が終わる。戦後、戦闘機の国内生産を再開して以降、初めて途絶えることになる。F35のライセンス生産の見通しも立たず、防衛産業側には「F2の生産を継続しなければ、生産ラインの維持と技術者の確保は困難だ」(大手メーカー幹部)との危機感が強い。

ただ、F2は本来、地上や海上の目標を攻撃する支援戦闘機。レーダーなどの性能の差から、敵の航空機を迎え撃つ迎撃戦闘機のF15に比べて防空能力は劣るとされるが、「データ通信システムで対処力を向上できる」(防衛省幹部)との指摘もある。

(産経新聞*2010719日 00:52)

-------------------------------------------------------

報じたのが誤報の多い産経新聞一社のみですので何ともですが、事実であれば興味深い話です。まだ「追加調達を検討している」段階ですので決定ではありませんが、一つのオプションではあるとは思われます。

F-2の追加調達は防衛省の一部では選択肢としては以前より考えられていた様子があります。防衛省内で昨年「戦闘機の生産技術基盤のあり方に関する懇談会」が開催され、平成23年度でF-2の生産が終了し、それ以降の戦闘機国内生産の予定がなく、中小企業を中心に防衛事業からの撤退や廃業を迫られることや、このままでは国内生産基盤の維持はおろか、メンテナンスにすら支障を来す虞がある旨が議論されました。

http://www.asagumo-news.com/news/200906/090625/09062504.htm
http://www.asagumo-news.com/news/200908/090806/09080605.htm

http://www.asagumo-news.com/news/200910/091001/09100110.htm

http://www.asagumo-news.com/news/200910/091015/09101506.htm

http://www.asagumo-news.com/news/200911/091112/09111208.htm

http://www.asagumo-news.com/news/200912/091224/09122405.htm

以前の記事では候補がF-35, F/A-18E/F, ユーロファイタータイフーンに絞り込まれつつあるとの報道がなされました。Keenedge氏によりますと、これは三菱重工のPINGではないかとのことです。

前回の報道と今回の報道は若干矛盾する部分もあります。即ち来年度予算に次期主力戦闘機の予算を計上となっており、今回はF-2を追加調達するとなっています。今回の記事はF-35を将来的に導入することを前提としている模様です。だとすれば防衛省はやはり次期主力戦闘機は第五世代機以外は考えていないということになります。しかし第五世代機の国内ライセンス生産はおそらく困難であり、だとすれば戦闘機の国内生産や維持基盤は失われる可能性が高いのです。Keenedge氏によりますとT-4後継機で国内基盤を維持することも一つの案としてはあり得るのではないかとのことでした。

純粋に抑止力として考えた時は、ステルス戦闘機を保有することは大きな意義があります。しかしその一方でそれらの抑止力の稼働率が低いのであれば、抑止力の意味合いを為しません。国内で生産・維持基盤を有すれば、多少の故障や事故の際も三菱重工にて対応が可能となります。その一方でステルス技術は現状米国が独占しており、日本はその足元にも及ばないのが実情です。

私は個人的にはやはりステルス性と高度の電子戦能力、データリンク機能を有する第五世代機の導入が最善であると考えます。しかし、F-22は導入できず、結局はどちらかと言えば攻撃機的な性格の強いF-35を選ぶことを余儀なくされつつあります。今回はF-2F-35導入までの繋ぎとし、将来的には双発式の国産ステルス戦闘機開発が急務と言えるでしょう。
追記:平成23年度予算にはF2戦闘機の追加調達予算は盛り込まれませんでした。

参考資料

三菱F-2に関するKeenedge氏の解説
三菱F-2のJ/APG-1(改)レーダーの能力はF/A-18EのAN/APG-79の空対空探知能力を凌駕する?

F-2戦闘機が対艦ミサイルをフル装備して急激な機動を行う動画

« 平成22年度第22回参議院選挙に思うこと | トップページ | 海自潜水艦を増強 活発化する中国海軍に対処 防衛大綱改定 »

軍事」カテゴリの記事

コメント

いつもみてます。
今後も参考にさせてください。

応援ポチッ

FX必勝法氏
有難うございます。今後とも宜しくお願いしますm(_ _)m

もしコレが本当だとしたら、F/A-18は本格的にないでしょうね。

F-15系の日米共同改装になればいいですけど、向こうがF/A-18にこだわっている以上、タイフーンの可能性が高くなりそうですね。(F-35は間に合いそうも無いですから)

でもホントにアメリカの航空機メーカーはどうなってしまうんでしょうかね?F-22は出さない。日本に合わないF-18系を薦める。F-35は大幅に遅れるうえに高くなる。

このままだと、潰れる会社がでるかもしれませんよ。

まあ、それも航空ショーが終わるまで様子見でしょう。

みやとん氏
この記事が事実であるとするならばですが・・・。おそらくF-35が導入可能となるまでF-2を追加調達して時間を稼ぐという方針なのではないかと思われます。もしこの時点でF-35もF/A-18E/Fも選定落ちという事であれば、ユーロファイターを選定したものと思われます。それをしないのはやはりF-35が本命となっているということだと思われます。

なぜみやとんが「タイフーンの可能性が高くなりそう」だと思うのかがわからない。

バラライカ氏
解釈は人それぞれです。おそらくみやとん氏の中には米国に対する不信感がややあり、それがこの見方につながっているのではいかと推測します。

たぶん、この記事はとばしだと思います。ただ内部の人間の危機感からでているのでは、と想像してしまいます。
というのも、民主ではマトモな選定が行われるか疑問だからです。
F-2の継続生産は、F-35までのつなぎとして見れば良い案だと思います。しかし、民主がそんなマトモな事をやるでしょうか?
F-15の改良型、これが一番とおもいますがー。(不信感ではなくて心配です)
民主は軍事費の削減やとんでもないモノを配備しかねませんから、です。

みやとん氏
>民主党
こういった対応もすることがあります。
「宮古、石垣に国境警備部隊 防衛省、対中国で態勢強化」
http://www.47news.jp/CN/201007/CN2010071901000445.html

バラライカ氏

問題は武器輸出3原則なのです。

F-22は議会によって輸出が出来なくなりました。

その結果、F-15カイ(下位になるか怪になるか、は解りませんが)、個人的にはこれがベターだと思います。

Fー18はスクランブルと音に難がありますし、

タイフーンは整備や部品の調達(アフターサービス含む)に不安があります。

F-35は望ましいでしょうが、何時になるかわかりまs

バラライカ氏

F-22は議会によって輸出が出来なくなりました。

その結果、F-15カイ(下位になるか怪になるか、は解りませんが)、個人的にはこれがベターだと思います。

Fー18はスクランブルと音に難があります。

タイフーンは整備や部品の調達(アフターサービス含む)に不安があります。

F-35は望ましいでしょうが、何時になるかわかりません。F-4の換えには間に合いそうにありません。
それに、民主党政権の場合、他にも不安な点があります。
空母での運用が可能じゃないか?と難癖をつけかねない事です。

もちろん、そんなバカバカしい事は起こって欲しくはありませんが、あの、普天間問題をメチャクチャにした党ですよ。

メーカーがあくまでF-18にこだわるのなら、残りはタイフーンしかないでしょう。

最も、タイフーンにした場合、F-2並みの改造が必要となるかも知れません。炭素繊維や複合材を多量に使うとか、ですね。ある意味で日本の方が進んでいる面もありますから--。

それに、今後の事を考えると、そういう改造は必要でしょう。技術がなければ買うことすらムズカシイでしょう。

というのも、アメリカ(の会社)が単独で戦闘機を開発するのは、これが最後かも知れないからです。

それには2つの理由があります。
   1つは、開発費が莫大なものになったこと。
   2つ目は、政府(議会)によって、輸出が出来なくなったこと。
万が一、次の戦闘機でそんな事態になったら、会社がつぶれかねません。それを避けるため、共同開発という形をとるでしょう。

その場合、こちらにも技術がなければ手に入れることさえ難しい、と思いますよ。

で、問題は武器輸出3原則なのです。F-15カイの場合、F-2という前例がありますが、ヨーロッパの企業とは--。
イカにも、民主がイチャモンをつけそうですね。(それも有ってF-15カイの方が良いと思うのですが、まあ、僕自身がF-15の方が好きってのもあります。)

タイフーンよりF-15。しかし、みていると段々タイフーンのほうへ--、あるいは新型をなくす方へと、動いている様に見えるのは気のせいでしょうか?

すみません。廃棄したつもりの書き損じが行ってしまったようです。ゴメンナサイ。

以前にも書いたように、FXは、F-15系が良い、と思っています。

共同開発等には武器輸出3原則が壁になりかねないし、時代にも合わなくなってきているでしょう。少なくとも部品の自由化くらいと思いますけどね。
民主のヒダリ(まともな人もいるでしょうけど)はヒドイのはヒドイですからね。

タイフーンでも良いですけど、問題は、口だけで実機を決めない可能性すらある、という事なのです。

F-2の件がホントなら目出度いのですが--。

みやとん氏
>タイフーン
>素材
そこまでしますと設計から根本的に変更になる可能性がありますし、実証試験も一からやり直しという事になる可能性があり、現実的とは言えません。

>「アメリカ(の会社)が単独で戦闘機を開発するのは、これが最後かも知れないからです」
これもありえません。最先端のステルス技術や電子戦のノウハウを国外に出すことは考えられません。

>武器輸出三原則
民主党政権でもC-2やUS-2を手始めに緩和方向です。

ありえない事ならいいのですが、アメリカ政府のでは無くて、会
社の開発がです。(政府からの要請その他ではなくてです)

輸出を前提とした会社の開発のことです。(日本にとってアメリカ軍の開発はあまり意味がない事でしょう)

ステルス性や電子戦のノウハウに関しては同感です。だからこそ、アメリカ政府によって恣意的に輸出が左右されるのを、会社が嫌うのではないか?
両党の狭間で会社の経営が危うくなるのではないか?

アメリカの経営者はある意味、非情ですから考えておく必要があるのではないでしょうか?

実際に配備されるまでは信じられませんね。壊すのは簡単ですから。(もっとも、今回は民主内の権力争いでそれどころではないかもしれませんが)

タイフーン。
確かに、技術的、軍事的には「現実的ではない」でしょう。しかし、政治的にはわかりません。(わかっていたら、F-2を保険として生産可能にしていたでしょう。)

F-22のデチューン版(輸出版)ができるかが1つの判断材料だと考えています。

昔から言ってるけど、F-15系が一番無難なんだよ。
その次がF-2増産。
タイフーンは当て馬の域を出ないと思う。

F/A-18を導入して対艦やらせて、F-4後継は既存のF-2にやらせる、という超必殺技なんかどうだw

バラライカ氏
独断と偏見でなぜ私がタイフーンの可能性が高くなったかを説明します。

A:F-15売ってくれよ~。
B:ダメダメ。F-15なんかよりF-18のずっと良いですよ。
A:仕方ない。他のも見ようかな。
C:待ってました。ユーロは良いですよ。
D:待った!作りかけだけど、F-35の方がずっと良いいいぜ。

(ここまでが、3機種に絞られたお話)

A:くそ~。やっぱりF-15が良いかな。ちょっと揺さぶってやれ。

(F-2の生産が再開される?)

B:やばいな。F-35を待ってるのか?
C:まずいですね。でもF-35は間に合いそうにないですよ。おや、これは誤報ですか。

B:誤報?聞いてみるか。
A:誤報じゃないですよ。検討中です。間に合ったらF-35.間に合わなかったらユーロですよ。ユーロは保険ね。

(ここで囁くモノが、「大丈夫。F-35は空母に着陸出来るから反対しちゃる!」「F-18はウルサ過ぎるから絶対ムリなり」)

B:F-18は無しですか。
A:うん。あるとしたらF-15だけね。

まあ、こう思ってたわけです。Bが売らなきゃタイフーンでしょ。

ただ、民主党政権でコワイのはF-35が反対されるだろうって事です。垂直着陸の映像はインパクトが有りますからね。(垂直着陸が出来ない機種だってお構いなしに反対しますよ、アイツらなら)

あて馬のタイフーンが本命に成りかねない。とすると魔改造もありでしょう。

みやとん氏
>「輸出を前提とした会社の開発のことです」
そもそもレベルで今までもメーカーが単独で戦闘機開発を行うことは殆どないでしょう。まず、基本的には米空や米海軍からの要求があって開発が行われるのが基本です。ある程度の需要が見込めるので戦闘機開発が開始されるのです。ここでは詳しいことは書きませんが、航空機開発には莫大な費用が必要となります。また薄利で、長期間を経て開発コストの回収を行い、利益を得るものなのです。選定に敗北した場合は経営にとり大打撃になります。
F-15SEの様なプロジェクトは極めて異例です。ボーイング社にとり、大きな賭けと言えます。リスクを最小限に留める為にも、恐らくF-15Eという既存機種をベースとした機体開発を行ったのではないでしょうか。そしてボーイング社としてはF-22の輸出が解禁されることはないとの読みがあったのではないでしょう(情報収集は当然している)。
そして輸出のみを前提とした機体であっても、最終的には米国政府の許可が必要となることは言うまでもありません。
そして「日本にとってアメリカ軍の開発はあまり意味がない事でしょう」というのは何故ですか?将来の航空自衛隊の主力戦闘機候補ですよ。今まで空自はUSAFの最もスペックの優れた戦闘機を選定してきました。今回のF-22の様に導入が出来なくなることは初めてではないでしょうか。

バラライカ氏
私もF-15ベースが最も無難だと思っています。その次はF-2増産でしょうね。
F/A-18E/Fに関しては冗談だとは思いますが、F/A-18E/Fは対艦攻撃でもF-2より劣っているのでどうかと。

みやとん氏
どうやら防衛省は空自FXの来年度予算計上を見送る方針の様です。ここから防衛省としては第五世代戦闘機の導入を本命視していることが分かります。

日本にとってアメリカ軍の開発はあまり意味が無い、というのは言い過ぎでした。
しかし、アメリカ軍の要求が高度に成り過ぎたり、戦場の、というより戦争形態の変化による要求の変化によって日本の必要とする性能から離れつつあるのではないでしょうか。

アメリカがF-22(低性能版)でも売らないとなると、 日本にとって意味が薄れるのではないですか?

F-15系が1番なのは同感です。というよりマトモな頭の持ち主ならココに落ち着くしかない、と思っている位です。
しかし、どうもボーイングには売る気がないようですね。(売る気の無い振りをしているなら良いんですが)

予算を見送るのが、防衛費の削減のためでなければ良いのですけどねぇ。

タイフーンに決まりかねない。そうなるとレーダーその他の改造が必要と考えらます。すると武器輸出3原則の廃止を含めた論議が必要となるかもしれませんね。(それも含めて魔改造といってるのですが)

どうもアメリカの航空機(戦闘機)メーカーの様子がおかしい。そう思うのは僕の気のせいでしょうか?

とにかく早く決めて欲しいモンです。このままでは重大な事故が起こりかねないですから。

今回のFX選定見送りを決めたのは防衛省です。またFX選定で最終的に機種を決定するのも防衛省です。
ボーイングがF/A-18E/Fを推しているのもメーカーの生産ラインの都合ではないかと思われます。ボーイングにとり生産ライン維持の観点からライセンス生産では余り意味がなく、だとすれば今後も米海から受注が継続的に続くF/A-18E/Fの方が推しやすいという事情があるのではないかと推測します。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/560041/48917676

この記事へのトラックバック一覧です: F2戦闘機を追加調達 FX選定難航で防衛省検討 中国脅威に防空を穴埋め:

« 平成22年度第22回参議院選挙に思うこと | トップページ | 海自潜水艦を増強 活発化する中国海軍に対処 防衛大綱改定 »

最近のトラックバック