フォト

twitter

無料ブログはココログ
2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

今日の時事英語

  • 今日の時事英語

« 防衛省、陸自1万3千人増検討 新防衛大綱で調整難航も | トップページ | 小沢氏に対する強制起訴議決に思うこと »

2010年9月26日 (日)

中国漁船衝突事件に思うこと

V
異例!検察が外交的配慮?「政治決着」で釈放か 沖縄・尖閣諸島沖の日本領海内での中国漁船衝突事件で、那覇地検は24日、公務執行妨害容疑で逮捕され、拘置中の中国人船長について、処分保留のまま釈放すると発表した。 地検は日中関係への配慮などを理由としたが、検察当局が刑事処分の理由に外交的配慮を挙げるのは極めて異例で、事実上の「政治決着」と受け止められている。中国側が日本近海での海洋権益確保の動きを一段と強める可能性もあり、今後、菅政権の対応の是非が問われることになりそうだ。 ●其雄(せんきゆう)船長(41)は石垣市の八重山警察署に拘置されており、25日午前1時半頃に石垣空港に到着する予定の中国のチャーター機で送還される見通し。(●は「擔」のつくりの部分) 24日に記者会見した那覇地検の鈴木亨・次席検事は冒頭、●船長が漁船を左に急旋回させて第11管区海上保安本部(那覇)所属の巡視船「みずき」に衝突させたと指摘し、「故意に衝突させたことは明白である」「巡視船の乗員が海に投げ出される恐れのある危険な行為だった」と強調した。 その一方、〈1〉「みずき」に航行に支障が生じるほどの損害はなく、負傷者もいない〈2〉追跡を逃れるためとっさにとった行為で計画性は認められない――とした上で、「我が国国民への影響や今後の日中関係も考慮すると、身柄を拘束して捜査を続けることは相当でない」と説明。釈放の決定は「福岡高検、最高検と協議して判断した」と述べた。今後は「任意捜査を継続する」としているが、釈放、帰国となれば捜査は事実上、終結する。鈴木次席検事によると、●船長は公務執行妨害の容疑を否認しているという。 11管や地検の発表によると、漁船は7日午前9時15分頃、尖閣諸島・久場(くば)島の北西約10キロの日本領海内で網を下ろしていたため、巡視船「よなくに」が停船命令を出したところ逃走。●船長は、追跡する「みずき」の右舷中央部に衝突して立ち入り検査を妨害した疑いで8日、11管に逮捕された。 石垣簡裁が10日、●船長の10日間の拘置を認めると、中国政府は翌11日、東シナ海のガス田共同開発に関する交渉延期を発表。19日にさらに10日間の拘置延長が決まった後は、閣僚級以上の交流停止など報復措置も表明したほか、20日には、中国河北省で、中堅ゼネコン「フジタ」の日本人社員4人が中国当局に拘束される 事態も起きていた。 (2010年9月24日21時29分  読売新聞) ---------------------------------------- 尖閣諸島は間違いなく日本領土です。日本国内で起きた事件ですので、日本の法律に基づいて解決するのが当然です。 今回の件で中国側は「違法で無効な措置」として謝罪及び賠償要求を日本側に要求してきていますが応じる必要はありません。 菅総理は「検察当局が事件の性質を総合的に考慮し、関連法に基づいて粛々と判断した結果だと承知している」とし、また仙谷官房長官が「検察の総合的判断」としている以上は、政府が検察に圧力を掛けて中国人船長を釈放させたかどうかは分かりません。その一方で片山総務大臣によりますと「高度の政治判断があったのではないか」としています。またそれ以外でも政府の関与を疑わせる報道があります。 やや話は変わりますが、明治時代に大津事件という事件がありました。 この事件をご存知の方も多いと思いますが、1891年(明治24年)5月11日に日本を訪問中のロシア帝国の皇太子・ニコライ(後のニコライ2世)が、滋賀県滋賀郡大津町(現・大津市)で警備にあたっていた巡査・津田三蔵に突然斬りかかられ負傷した、暗殺未遂事件です。この事件は司法が行政からの圧力に屈することはなく、司法が行政からの独立を貫いた事案としても知られています。 当時の明治政府は超陸軍大国である列強ロシアに対抗出来るだけの国力を有しておらず、ロシア政府への配慮から日本政府は司法に対し旧刑法第116条の大逆罪に基づき津田巡査を死刑にするよう働きかけました。しかしこの条文に規定されているのはあくまで日本の天皇や皇族に対して危害を与えたものに適用されるものであって、外国の皇太子に関するものではありません。従いまして適用すれば刑法の類推適用になります。刑法では罪刑法定主義の趣旨から類推適用は禁止されています。刑法で類推適用が行われればその適用範囲が無制限に広がり、国民の権利が保障されない虞があるからです。このことから当時の大審院(最高裁判所)は明治政府のこの働きかけを拒否しました。 さて、今回の中国漁船衝突事件に対する日本の司法の判断はどうでしょう。一部には今回の釈放は法的根拠がはっきりせず、超法規的手段ではないかとの指摘があります。大津事件には明確な政府の働きかけがあったのに対し、今回は前述の様に少なくとも政権中枢は検察への圧力を否定しているのでケースがやや違います。しかしいずれも国際問題化した事案であり、隣国への配慮という難しい判断があったケースではあります。大津事件は国内法の規定に基づき処理された事件であるのに対し、今回は「日中関係への配慮」としています。しかし今回と同様のケースがあった場合はどう対処すれば良いのか海上保安庁関係者や地元漁業関係者から憂慮する声が上がっています。 また今回は万が一軍事衝突となた場合でも日本単独で中国に対処する虞もありませんでした。いざとなれば日米安保条約が発動されました。確かに米国は今回の問題で日中関係が悪化することに憂慮を表明しましたが、その一方で万が一の場合は尖閣諸島が日米安保条約の対象となると多数の米政府高官が明言しました。以前に日経新聞が日米安保条約特集を行っていた時にある在日米軍関係者の「米国は有事の際は中国から日本を守る。しかし一番肝心の日本側にその気概があるのか」とのコメントが非常に印象に残っています。 今は様々なレベルで幕末や明治維新が例に挙げられる事が多くなっていますが、ぜひ今回の件では大津事件も見習って欲しかったと個人的には感じた次第です。

2010092500000122san0003view_3

(上の経緯に関する表は2010年9月25日産経新聞より)

2011年02月11日(金)追記:中国人船長に修理費請求…海保、漁船衝突で (2011年2月10日23時40分 読売新聞)

« 防衛省、陸自1万3千人増検討 新防衛大綱で調整難航も | トップページ | 小沢氏に対する強制起訴議決に思うこと »

事件」カテゴリの記事

コメント

でもまぁこれで日本中に中国脅威論が知れ渡ったし防衛予算の確保はしやすくなったでしょう
実際に尖閣諸島がとられたわけでもないですしひとまずこれでいいでしょう
ただ今後の対応に注目ですね

こちらには始めておじゃまします。
残念ながら、一番肝心の日本側にその気概はありませんでしたね。

記事内容と関係ないので、別コメントでお知らせします。
理由は分かりませんが、この記事だけ、firefoxだと改行がうまく処理されず、ちゃんと表示されませんでした。
他の記事はOKなので、理由は不明です。

イーグル氏
確かに今回の事件は日本人の意識に一石を投じることとなるでしょう。しかし「実際に尖閣諸島がとられたわけでもないですしひとまずこれでいいでしょう」で済む問題ではないと思います。これは中国側に誤ったシグナルを送った可能性があります。中国側の漁船が日本の領海内で違法に操業していた場合でも、海保の巡視船に故意に衝突しても、起訴もされずそのまま帰国出来るとなれば、大量に中国の漁船が押し寄せてくる可能性があります。そして海保はこういった前例を作ってしまった以上は取り締まることも難しくなります。

数多久遠氏
数多久遠氏の様な著名なプロの方に私の様なアマチュアのブログに訪問して頂き、身に余る光栄です。最終的に決定したのは誰であるかは不明ですが、確かに今回の日本側の最終意思決定者にはその気概がありませんでしたね。
よく読めないとのご指摘有難うございます。せっかく訪問していただいたのにもかかわらず大変残念です。もしお手すきであれば携帯からであれば閲覧可能かもしれませんので、宜しくお願いします。

な~んだ。中国漁船問題って、結局は民主党を批判してつぶし、自民党を復活させるための自作自演だったんだ。
安倍信三はカルトの統一教会に祝電を贈っているぐらいだから、自民党が復活したら大増税して日本人の金を外資に渡すつもりなんだな。
テレビや新聞は嘘ばっかりついてるんですね、みんな知らないみたいだけど。

本当の本当の尖閣
http://hya94ki.blog34.fc2.com/blog-entry-94.html

ななし氏
リンク先を斜め読みさせて頂きましたが、非常に信憑性が乏しく極論で文章も知性が感じられませんね。
根拠も匿名ソースや推測が多いですね。匿名ソースでは2chのあのスレッドにこう書いてあったというのと同じレベルです。ブログ主が匿名でも構いませんが、主張の根拠とするソースが更に匿名(ハンドルネーム)からの伝聞というのでは検証の仕様がありません。
斜め読みですのであれですが・・・
>「9.11の真実がまったく報道されないことから」
何のことですか?
>「マスコミの取り上げるニュースは一般国民を洗脳するためであり」、「彼らを裏であやつっているロスチャイルドの思うがままだ。」
典型的な陰謀論ですね。
>「名乗り出た海上保安官は、脅されてやったか金をもらってやったかのどちらかでしょう」「 この保安官は金に困って了承したのか理由は解らんがなw40歳だろ?色々金が必要な年齢だから「金だろうなww」 」
この時点で殆ど読む気をなくしました。根拠は?根拠もなく言っているとすれば名誉毀損にもなりかねない発言だと思いますが。
>「海保の方が中国船に衝突した」
動画を見て素人目にも中国船が衝突して来ている様にしか見えませんが・・・。複数の専門家が明らかに故意だといっています。衝突の瞬間の海上保安官の発言は何と言っていますか?そもそもの中国人船長の逮捕容疑は何でしたか?
>「前回の投票では国民新党が一人も当選しなかったように選挙結果に不正が行われている。」
論評の仕様がありません。

全般的にこのリンク先の論調は私の理解の範疇を超えています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/560041/49564751

この記事へのトラックバック一覧です: 中国漁船衝突事件に思うこと:

» 2010年度の菅政権の外交に思うこと [アシナガバチの巣作り日記]
日米・日中・日露まで…菅外交「八方ふさがり」ロシアのメドベージェフ大統領が1日、 [続きを読む]

« 防衛省、陸自1万3千人増検討 新防衛大綱で調整難航も | トップページ | 小沢氏に対する強制起訴議決に思うこと »

最近のトラックバック