フォト

twitter

無料ブログはココログ
2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

今日の時事英語

  • 今日の時事英語

« 米国防総省の新戦略を読む | トップページ | 野田改造内閣発足と田中新防衛大臣起用に思うこと »

2012年1月 9日 (月)

米国の新国防戦略に記載された「新型ステルス爆撃機」とは

B2_leading_valiant_shield

(上の画像はwikipediaフランス語版より米国機動部隊の上を飛行するB-2ステルス爆撃機 著作権はPublic Domain クリックで画像拡大 中国は対艦弾道ミサイル等により接近阻止/領域拒否戦略を図っている。新型ステルス爆撃機は対抗策となるか

 前の記事「米国防総省の新戦略を読む」で、中国やイランによる接近阻止/領域拒否に対抗手段の柱の一つとして米国が新型ステルス爆撃機の開発に言及している旨を述べました。それではこの新型ステルス爆撃機とはどの様なものなのでしょか。Wikipedia英語版に情報が詳細に纏められています。Wikipediaは誰でも編集が可能であり、記事の信憑性や情報の正確性に疑問があることもありますので、可能な限り1次ソースで確認しながら、今回の記事ではこの新型ステルス爆撃機に関して執筆することとしました。

1.経緯

  この新型ステルス爆撃機ですが、"2018 Bomber"(以前は2018年の配備を目標としていた為)やNext Generation BomberないしはB-3とも呼称されています。英語版Wikipediaによりますと、今まで国防総省でもその具体像(有人機か無人機か、極超音速か亜音速か-結局のところ予算面での制約から無人機としての運用も可能な有人機で亜音速となる方向-)やその計画の存続自体も含めて紆余曲折があったとのことです。

 具体的な動きがあったのは2008年1月で、UPI通信が"Boeing, Lockheed to work on new bomber"(「Boeing社Lockheed社が新型爆撃機を手掛ける」と2008年1月25日に報じています。Boeing社とLockheed社が共同で新型爆撃機を開発するとの発表でした。その旨はBoeing社の公式ホームページの2008年01月25日のプレスリリース"Boeing and Lockheed Martin Team for Next Generation Bomber Program"(「Boeing社とLockheed Martin社が次世代爆撃機計画で共同作業」)でも確認することが出来ます。そしてその同社の公式発表には下記の記述が見受けられます。(しかしこのBoeing社とLockheed Martin社の提携は2010年03月01日に解除されました(Defense News 2010年03月01日記事"Boeing, Lockheed Put Bomber Partnership on Ice")。)
-------------------------------------------------------------------
This collaborative effort for a long-range strike program will include work in advanced sensors and future electronic warfare solutions
この長距離攻撃計画の共同努力は先進センサー及び電子戦ソリューションを含むであろう。
-------------------------------------------------------------------
 その時に公開されたBoeing社とLockheed社共同開発案の想像図(著作権がある可能性があるのでリンクのみとします)

 また上記以外にはNorthrop Grumman社が2008年に20億ドルの極秘プロジェクトを受注しています。これがNext Generation Bomber関連であることは確実視されているとのことです。これを受けて想像図がスケッチされています。

Northrop Grumman社 Next Generation Bomber案(著作権がある可能性があるのでリンクのみに留めます)

  上記の様にプロジェクトが進み始めましたが、ゲーツ長官(当時)は2009年4月15日(水)に次世代爆撃機を含む複数の構想に関して見直しに言及し(ロイター 2009年4月15日(水)"Gates sees more changes to U.S. weapons in 2011")、2018年の配備は延期され、今日に至っています。

2.具体的仕様

 ゲーツ国防長官(当時)は次世代爆撃機に関しまして2011年01月06日(木)のペンタゴンでの演説にて下記の通りに述べていました。
-------------------------------------------------------------------
Finally, a major area of investment for the Air Force will be a new long-range, nuclear-capable penetrating bomber.  This aircraft – which will have the option of being piloted remotely – will be designed and developed using proven technologies, an approach that should make it possible to deliver this capability on schedule and in quantity.  It is important that we begin this project now to ensure that a new bomber can be ready before the current aging fleet goes out of service.  The follow on bomber represents a key component of a joint portfolio of conventional deep-strike capabilities – an area that should be a high priority for future defense investment given the anti-access challenges our military faces.
最後に、空軍の主要な投資分野は新たな長距離で、核兵器運用可能な侵入爆撃機である。この機体は-遠隔操作のオプションがあるが-実証された技術を用いて設計され開発される為に、スケジュール通りに纏まった機数で納入されることを可能にするであろう。現在の老朽化しつつある爆撃機編隊が退役となる前に新たな爆撃機が準備されている事を確実にする為にも、我々はこの計画を今から開始することが重要である。後継となる爆撃機は通常兵器による深攻作戦-我が軍が接近阻止の挑戦を受ける中で将来の国防投資に於ける最優先課題とされる領域であるが-の主要要素の包括の象徴となるであろう。
-------------------------------------------------------------------
また2011年02月15日(火)8:07:23 ESTのAir Force Timesの記事"Budget shrinks; acquisition programs outlined"(「予算縮減;調達計画概要」)にはこの様にあります。
-------------------------------------------------------------------
the “centerpiece” of which is a long range, stealthy, penetrating, nuclear-capable optionally manned bomber.
目玉は長距離ステルス侵入核兵器運用可能有人機にもなる爆撃機

The Air Force hopes the new bomber will be operational by the “mid-2020s,” said Pentagon Comptroller Robert Hale.
国防総省の会計監査官Robert Hale氏は空軍が2020年代半ばまでに新型爆撃機が実戦配備されることを望むと述べた。

the Long Range Strike Family of Systems should include not just a bomber, but Intelligence, Surveillance, Reconnaissance (ISR), Electronic Attack (EA), and communication portions of the program, said Maj. Gen. Alfred Flowers, the Air Force’s deputy assistant secretary for budget. He added that there would be one type of airframe, but with different missions depending upon the payload.
長距離攻撃システムは爆撃のみならず、インテリジェンス、監視、偵察(ISR)電子攻撃(EA)通信のプログラム部分を含まなくてはならないと空軍の予算副補佐官であるAlfred Flowers少将は述べた。彼は機体は一種類だけであるが、ペイロードにより異なる作戦を遂行することを付け加えた。
-------------------------------------------------------------------
 新型爆撃機の核兵器運用能力に関しましては2011年11月02(水)にノートン・シュワルツ空軍参謀総長が議会に次の様に証言しました(2011年11月02(水)19:13:10 EDT Defense News記事"Schwartz: New bomber not nuke-capable at first"「シュワルツ:新型爆撃機は当初核運用能力はなし」)。
-------------------------------------------------------------------
The Air Force’s top uniformed officer said the service’s new long-range strike bomber will be built with nuclear capability but will operate as a conventional strike aircraft initially.
空軍制服組のトップは空軍の長距離攻撃爆撃機は核兵器運用能力を有するかたちで製造されるが、しかし通常兵器攻撃機として始めは運用されるだろうと述べた。
-------------------------------------------------------------------
つまりこれらの関係者の話から見えるのはただの爆撃機ではなく、マルチロール機となりそうです。無人機のX-47Bの大型拡張版の様な気もします。
(下の画像はWikipediaよりX-47B 著作権はPublic Domain 拡大によりクリック)582pxx47b_over_sea

 しかしここで思い出すのが2011年12月上旬に発生しましたイランによるRQ-170米国無人機の奪取です。原因は今のところは判明していません。しかし無人機やステルス機の脆弱性が明らかになった/今後の中国やロシアによる解析で対抗手段が開発される虞があります。長時間の滞空により出現する脅威を直ちに攻撃する為に無人機とする意味合いは分かりますが、当面は有人機を原則とした方法が無難と言えるのではないでしょうか。

« 米国防総省の新戦略を読む | トップページ | 野田改造内閣発足と田中新防衛大臣起用に思うこと »

テクノロジー」カテゴリの記事

軍事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/560041/53685242

この記事へのトラックバック一覧です: 米国の新国防戦略に記載された「新型ステルス爆撃機」とは:

« 米国防総省の新戦略を読む | トップページ | 野田改造内閣発足と田中新防衛大臣起用に思うこと »

最近のトラックバック