フォト

twitter

無料ブログはココログ
2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

今日の時事英語

  • 今日の時事英語

« 橋下徹大阪市長がTPP参加を公約としたことに思うこと | トップページ | Lockheed Martin社がAir and Missile Defense Radarの動画を公開 »

2012年2月19日 (日)

イラン危機が更に高まる

 2012年1月11日にイランの首都テヘランでイランの核科学者がイラン国内で爆弾テロにより何者かにより暗殺された事件は記憶に新しいことと思います。

「イラン核科学者、車に爆弾投げ込まれ死亡」(2012年1月11日22時48分 読売新聞)

 この事件を彷彿とさせる連続爆弾テロ事件が今度はイスラエル外交官に対して発生しました。各報道等からご存知のことと思いますが、インド(ニューデリー、2月13日(月)午後3時)、グルジア(トビリシ、2月13(月))、タイ(バンコク、2月14日)の世界三カ国でイスラエル大使館の車が何者かにより爆弾を仕掛けられ、インドでは実際に爆発してイスラエル大使館関係者に負傷者が出た事件です。その旨は日本国の外務省のホームページでも確認する事が出来ます。

タイ:バンコク都内における爆発事件の発生に関する注意喚起 2012年02月14日

そして下の動画は一連の爆弾事件のCNNによる報道です。

 2012年2月13日(月)16:15:09 ESTのAirForceTimesの記事"Israeli diplomats targeted in bomb attacks"(「イスラエル外交官が爆弾攻撃で狙われる」)に詳細な情報が掲載されています。下記はその記事の内容一部抜粋と翻訳です。
-------------------------------------------------------------------
The blast in New Delhi set a car ablaze and injured four people, including an Israeli Embassy driver and a diplomat’s wife; the device in Georgia was discovered and safely defused.
ニューデリーの爆発は車を炎上させ、イスラエル大使館の運転手と外交官夫人を含む4人を負傷させた;グルジアの爆発物は発見され安全に処理された。

The attackers in India and Georgia appeared to have used “sticky bombs” attached to cars by magnets, similar to weapons used against Iran’s nuclear officials.
インドとグルジアの攻撃者は磁石により車両に付着する"引っ付き爆弾"を使用した模様であり、イランの核関係者に対して使われた武器に似ている。

The New Delhi attack took place just after 3 p.m. a few hundred yards (meters) from the prime minister’s residence as the diplomat’s wife headed to the American Embassy School to pick up her children, said Delhi Police Commissioner B.K. Gupta.
デリー警察B.K. Gupta長官は外交官夫人が米国大使館学校に彼女の子供達を迎えに行こうとした際に、ニューデリーの攻撃は午後3時ちょうどを過ぎに首相官邸から数百ヤード(メートル)離れた場所で発生したと述べた。

When the minivan approached a crossing, she noticed a motorcyclist ride up and stick something on it that appeared to be a magnetic device, he said. The car drove a short distance, there was a loud sound and then an explosion, and the car caught fire, he said.
ミニバンが交差点に近づいた時に、彼女はバイクが近づき車に磁石の装置に見える何かをくっつけたのを見たと彼は述べた。車は短距離を走り、大きな音と共に爆発があり、車が炎上したと彼は述べた。

The Israeli Defense Ministry said the woman, Tal Yehoshua-Koren, the wife of a Defense Ministry official based in New Delhi, suffered moderate shrapnel wounds and was treated at a hospital by Israeli doctors.
被害者女性であるニューデリー駐在の国防省職員夫人Tal Yehoshua-Korenが破片による中等傷を負い、イスラエルの医師により病院で治療を受けたとイスラエル国防省は述べた。

Her driver, Manoj Sharma, 42, and two people in a nearby car had minor injuries, Gupta said.
彼女の運転手、Manoj Sharma、42歳と近くの車の2名が軽症であったとGupta長官は述べた。

Authorities in the former Soviet republic of Georgia said an explosive device was planted on the car of a driver for the Israeli Embassy in the capital of Tbilisi.
旧ソ連邦の一部であったグルジアの当局者は、首都のトビリシにあるイスラエル大使館の運転手の車に爆発物が仕掛けられていたと述べた。

Shota Utiashvili, spokesman for the Georgian Interior Ministry, said the driver noticed a package on his car’s undercarriage and called police, who found and defused a grenade.
運転手は彼の車の車台の不審物に気が付き、警察に通報し、警察は手榴弾を発見し信管を取り除いたとグルジア内務省報道官のShota Utiashvili氏は述べた。

(引用及び翻訳終了)
-------------------------------------------------------------------
 そしてこの記事はイスラエル側とイラン側の双方の主張も掲載していました。イスラエル側はこの事件でイランとヒズボラが関与したと非難しており、それに対してイラン側は今回のテロ事件がイスラエルの口実であると批判しています。その箇所に関しましては私はあえて引用と翻訳をしませんでした。事実関係のみを紹介するべきだと考えた為です。しかしタイの爆弾事件で事件の構図がある程度見えて来ました。下記に2012年02月14日(火)15:50:16 ESTのMarineCorpsTimesの記事"Israel blames Iran for series of Bangkok blasts"(「イスラエルがバンコク連続爆発事件でイランを批判」)に詳しい情報がありますので、此方も内容の一部抜粋と翻訳を行います。
-------------------------------------------------------------------
The series of blasts in Bangkok wounded four Thai civilians and blew off the leg of an Iranian who had fled a house carrying what looked like grenades after a cache of explosives ignited there, apparently by mistake.
バンコクでの連続爆発はタイの4人の民間人を負傷させ、爆発物の貯蓄を隠れ家で明らかに誤って引火させた後に、手榴弾の様なものを持って家から逃げたイラン人の脚部を吹き飛ばした。

When police searched the Iranians’ home, the bomb squad found and defused two explosives, each made of three or four pounds of C-4 explosives inside a pair of radios, and National Police Chief Gen. Prewpan Damapong said the bombs were “magnetic” and could be stuck on vehicles.
警察がイラン人の自宅を捜索した際に、爆弾処理班が2つの爆弾を発見し処理していており、それぞれ3ないしは4ポンドのC-4爆薬が1ペアの無線機の中にあり、国家警察総監のPrewpan Damapong将軍は爆弾が磁石式であり車にひっつけることが出来たと述べた。

The first blast in Bangkok ripped off part of the roof of an explosives-filled house where the three Iranians were staying, police said.
最初の爆発は3人のイラン人が住んでいた爆発物満載の家の屋根の一部を破壊したと警察は述べた。

Surveillance video from just after that blast showed separate images of each of the three suspects walking down the middle of a residential street.
爆発直後の監視カメラは3人のそれぞれの容疑者が住宅街の通りの中心を歩いている映像を別々に映した。

One man — identified by police as Saeid Moradi — could be seen wearing a baseball cap and a dark jacket. He carried a large backpack over one shoulder and what appeared to be two portable transistor radios — one in each hand.
そのうちの一人-警察によりSaeid Moradiと特定-は野球帽と薄黒い色のジャケットをしているのが分かった。彼は片方の肩に大きなバックパックと、二つの携帯型無線機の様に見えるものをそれぞれの手に持っていた。

“He tried to wave down a taxi ... and the driver refused to take him,” Police Gen. Pansiri Prapawat said. Moradi responded by hurling an explosive device — possibly a grenade — that partially destroyed the taxi and wounded its driver.
「彼はタクシーを止めようとしたが、運転手は乗車拒否した」とPansiri Prapawat警察将軍は述べた。Moradiは爆発物-恐らく手榴弾-をタクシーに投げつけて仕返しをし、タクシーを破壊し運転手が負傷した。

Police then tried to apprehend Moradi on a nearby street. He hurled a grenade at them, “but somehow it bounced back” and blew off his leg, Pansiri said.
警察は近くの通りでMoradiを拘束しようとした。彼は警察に手榴弾を投げつけたが、「何故か跳ね返ってきて」彼の脚を吹き飛ばしたとPansiriは述べた。

Police said a second Iranian, Mohummad Hazaei, was detained at Bangkok’s international airport; he had been seen in the closed-circuit TV video also carrying a large backpack. He wore sunglasses, a T-shirt, pants and tennis shoes.
二人目のイラン人、Mohummad Hazaei、はバンコク国際空港で拘束された;彼はクローズドサーキットの監視テレビにやはり大きなバックパックを持っているのが映っていた。彼はサングラス、Tシャツ、パンツ、テニスシューズを着用していた。

The third Iranian, dressed in camouflage shorts, carried nothing.
三人目のイラン人は迷彩柄のショートパンツを着用し、何も持っていなかった。

Three Thai men and one Thai woman were wounded and treated at a hospital, said Dr. Suwinai Busarakamwong.
3人のタイ人男性と1人のタイ人女性は負傷し病院で治療を受けているとSuwinai Busarakamwong医師は述べた。

Authorities are trying to trace Moradi’s movements. Initial reports indicated he arrived in Thailand from Seoul, South Korea on Feb. 8, Pansiri said, landing at the southern resort of Phuket, and staying several nights in a hotel in Chonburi, a couple hours drive southeast of Bangkok.
当局はMoradiの動向を調べている。第一次報告によると彼は2月8日に韓国のソウルからタイに到着したことを示しているとPansiriは述べ、南部リゾートのプーケット着陸し、バンコクから車で2時間のチョンブリのホテルで数日間滞在した。

A bomb disposal unit checked a dark backpack near the spot where Moradi fell and police found Iranian currency, U.S. dollars and Thai money, Pansiri said.
爆弾処理班はMoradiが倒れた近くの場所で薄黒い色のバックパックを確認し、イラン通貨、米国ドル、タイ貨幣を見付けたとPansiriは述べた。

Will Hartley, head of the Terrorism & Insurgency Center at IHS Jane’s in London, said it’s “unclear why Iran would risk an attack on Israeli interests in India, when India has been broadly supportive of Iran during the recent nuclear sanctions debate, and is one of Iran’s most important trade partners.”
ロンドンのIHS Jane'sのテロリズム破壊工作センターの責任者であるWill Hartleyは「最近の核に関する制裁の議論でインドはイランを公に支持しており、最も重要な貿易パートナーであるのに、何故イランがインド国内でイスラエルの利益を攻撃するリスクを冒すのかがよく分からない」と述べた。

“The attacks in India, Georgia and now Thailand have all been highly amateurish,” he added. “And lack the sophistication that would normally be expected from an operation executed by either Hezbollah or Iran’s own external operations wing, the Quds Force.”
「インド、グルジア、そして今回のタイでの攻撃は全て非常にアマチュア的であった」と彼は付け加えた。「ヒズボラやイラン本体の海外工作部隊クドス軍により遂行される作戦に見られる通常のち密さが欠けている」

Indian Home Minister Palaniappan Chidambaram said it appeared to be a terrorist attack carried out by a “very well-trained person.”
インド内務大臣Palaniappan Chidambaramはテロリスト攻撃は「非常に訓練された人物」により遂行されたように見えると述べた。

(引用及び翻訳終了)
-------------------------------------------------------------------
この記事にあります、屋根が吹き飛んだ隠れ家の映像と防犯カメラに映った容疑者三人の画像は下のCNN報道の動画で見る事が出来ます。

この記事にある3人目のイラン人もマレーシアのクアランプールで拘束されました。

暗殺チーム…バンコク爆発事件のイラン人拘束 (2012年2月15日23時01分  読売新聞)

この三人が拘束されている事により、やがて事実関係や背後関係が明らかになるでしょう。タイでの爆発は犯行グループにとっても予想外の事故であったに間違いがありません。それにしても誤って隠れ家で爆弾を爆発させて、タクシーに乗車拒否されると逆ギレをしてタクシーに手榴弾を投げつけ、逮捕を逃れようと警察に投げた手榴弾が跳ね返ってきて自分が怪我するというのはみっともない話ではありますが。

イスラエル側は一連の爆弾事件に関してイランを批判しています。

イスラエル外務省公式ホームページ2012年2月13日"Response to terror attacks in Delhi and Tbilisi"(「デリー及びトビリシでのテロ攻撃に対する反応」)

もし万が一にもイラン側の関与があったとなれば、イスラエルが何らかの報復攻撃を行う可能性があります。イランの核施設攻撃の可能性以外にももう一つ懸案が増えたとも言えるでしょう。

そして米国は更に強硬な経済制裁を準備している旨が2012年2月14日(火)15:40:41 ESTのMarineCorpsTimesの記事"U.S., Europe consider risky penalty on Iran"(「米国と欧州が危険度の高いイランに対する制裁を考慮」)に報じられました。下記に一部抜粋と翻訳を行います。
-------------------------------------------------------------------
The United States and Europe are considering unprecedented punishment against Iran that could immediately cripple the country’s financial lifeline. But it’s an extreme option in the banking world that would come with its own costs.
米国と欧州はイランの金融ライフラインを直ちに無力化するイランに対する前例のない制裁を考慮している。しかしそれは銀行業界では極端な選択肢であり犠牲は免れないであろう。

The Obama administration wants Iran evicted from SWIFT, an independent financial clearinghouse that is crucial to the country’s overseas oil sales.
オバマ政権はイランを海外との原油販売に欠かせない独立した金融手形交換所であるSWIFTから排除を望んでいる。

But such a penalty could send oil prices soaring when many of the world’s economies are still frail. It also could hurt ordinary Iranians and undercut the reputation of SWIFT, a banking hub used by virtually every nation and corporation around the world. The organization’s full name is the Society for Worldwide Interbank Financial Telecommunications.
しかしその様な制裁は国際経済がまだ脆弱な時に原油価格を高騰させるかもしれない。そして一般のイラン国民に害を与え、実質的に全世界の全ての国と企業により使われている銀行取引ハブであるSWIFTの名声を失墜させるかもしれない。機関の正式名称はSociety for Worldwide Interbank Financial Telecommunications(国際銀行間通信協会)である。

In the financial world, the United States can’t order SWIFT to kick Iran out. But it has leverage in that it can punish the Brussels-based organization’s board of directors.
金融の世界では米国がSWIFTにイランを排除する様命令できない。しかし米国はレバレッジを有しておりブリュッセルに拠点がある組織の執行部を制裁出来る。

More than 40 Iranian banks and institutions use SWIFT to process financial transactions, and losing access to that flow of international funds could badly damage the Islamic republic’s economy.
40以上のイランの銀行と機関がSWIFTを金融業務で利用しており、その国際的ファンドの流れのアクセスを失うことはイランの経済に深刻なダメージとなるかもしれない。

SWIFT handles cross-border payments for more than 10,000 financial institutions and corporations in 210 countries. It lets users exchange financial information securely and reliably, thereby lowering costs and reducing risk. It operates on trust and neutrality — SWIFT accepts nearly all comers and does not judge the merits of the transactions passing through its secure message system. Its managers generally brush off investigators and enforcement agencies, telling them to take up suspected wrongdoing directly with nations or corporations.
SWIFTは210ヶ国の10,000の金融機関と企業の国境を越えた支払を扱う。それはユーザーに安全で確実な金融情報の交換をさせており、コストの削減とリスク軽減となっている。それは信用と中立で運用しており、SWIFTはほぼ全ての利用者を受け入れ安全なメッセージシステムを行き来する取引のメリットを判断しない。同組織のマネージャーは調査官や捜査機関を断っており、容疑の犯罪を国家と企業に直接対処する様に伝える。

SWIFT did not respond to requests for comment. In a brief statement posted on its website, the consortium said it is committed to fighting misuse of the financial system to finance terrorism and has cooperated with enforcement agencies in the U.S. and Europe.
SWIFTはコメントの要請に反応を示していない。ホームページでの簡単な声明で、共同体はテロを援助する金融システムの悪用と戦い、米国と欧州の捜査機関に協力すると述べた。

(引用と翻訳終了)
-------------------------------------------------------------------
 私は金融に関しましては専門外ですので、詳細なことは分かりません。しかしイランを国際的な金融決済システムから排除してしまうということは分かります。そうなりますとイランは海外との貿易が実質的にほぼ不可能となります。

SWIFT公式ホームページ(英語版)

SWIFT公式ホームページ(日本語版)

そしてこれらの公式ホームページを見ますと、SWIFTはイランに対する制裁に協力する決断を下した事が2012年2月17日(金)の声明で分かります。

SWIFT is ready to implement sanctions against Iranian financial institutions(「SWIFTはイラン金融機関に対する制裁を実施する準備が整いました」)

 これはイランにとっても死活問題と言えるのです。国家の生存に関わると判断した場合は、合理的な行動をとらない可能性も出てきます。

 国際社会のイランに対する包囲網は強化されつつあると言えるでしょう。2月15日(水)には野田総理大臣がバラク・イスラエル副首相兼国防相と会談しており、野田総理はイランの核問題に関し「外交的,平和的に解決することが重要であり,軍事的対応は事態をエスカレートさせるために非常に危険である旨指摘」しています。また2月16(木)の玄葉外務大臣とバラク・イスラエル副首相兼国防相との夕食会に於きましても「軍事オプションはイランに口実を与えるのみならず,アラブによる反イスラエルの団結を招くおそれがあり,イスラエルにとっても非常に危険なため慎重たるべし,この問題については制裁を効果的に実施し,外交的,平和的に解決することが重要である旨指摘」しています。しかし日本政府は最悪の事態を考慮し、対策を早急に考える必要があるかもしれません。

« 橋下徹大阪市長がTPP参加を公約としたことに思うこと | トップページ | Lockheed Martin社がAir and Missile Defense Radarの動画を公開 »

事件」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

軍事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/560041/53997659

この記事へのトラックバック一覧です: イラン危機が更に高まる:

« 橋下徹大阪市長がTPP参加を公約としたことに思うこと | トップページ | Lockheed Martin社がAir and Missile Defense Radarの動画を公開 »

最近のトラックバック