フォト

twitter

無料ブログはココログ
2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

今日の時事英語

  • 今日の時事英語

« 米空軍T-38練習機の後継機に国際共同開発構想? | トップページ | JA2012国際航空宇宙展に於ける各メーカー表明事項-後半-国内メーカー動向編 »

2012年10月20日 (土)

JA2012国際航空宇宙展に於ける各メーカー表明事項-前半-ボーイング社編

 当ブログの読者の方々には名古屋にて2012年10月 9日(火)~14日(日)に開催されましたJA2012国際航空宇宙展に行かれた方も少なくないのではないでしょうか。開催中には名古屋から航空機関連のニュースが多く発信されました。記事を二つに分けてそれらのニュースをご紹介したいと思います。今日の記事はボーイング社関連の情報をお伝えします。

 ボーイングは今後も日本の防衛市場には潜在的需要が見込めると考えている模様です。その旨がFlightglobal Defenceの2012年10月09日11:49付けの記事"Boeing eyes long-term prospects in Japan’s tough defence market(ボーイング社が日本の厳しい防衛市場の中長期的視野を見通す)"にて報じられていますので、下記に一部抜粋と翻訳を行います。

-------------------------------------------------------------------
One potential area is with tankers, says Jim Armington, Boeing Defense, Space & Security vice-president business development Japan. He says Tokyo's four KC-767s are a "critical asset" that is "stretched thin".
潜在的需要分野の一つは空中給油機であるとボーイング防衛・宇宙・安全保障部門副社長日本事業開拓のJim Armington氏は述べた。彼は日本の四機のKC-767は必須の資産であると同時に「手一杯」であると言う。

While Tokyo has issued no formal requirement for additional tankers, Armington says there could be potential to offer the KC-46 that Boeing is developing for the US Air Force. Any requirement could amount to four to eight aircraft, he adds.
日本政府は追加の空中給油機に関する公式要請はしていないが、ボーイング社が米空軍向けに開発中のKC-46を提案可能な潜在需要はあり得るとArmington氏は述べる。Dscf0348(上の写真は筆者がJA2012会場で撮影のボーイングKC-46模型 クリックで写真拡大)

While Japan's force of Boeing F-15s is already undergoing incremental upgrades, there could be scope for substantial additional improvements to the aircraft's sensors, avionics and weapons. One potential upgrade could involve strengthening the fighter's wings, allowing four additional air-to-air missiles to be carried.
日本のF-15勢力は既に段階的な改良を受けているが、機体のセンサー、電子機器、武器に相当な追加の改善を視野に入れることが可能であろう。一つの潜在的な改良は機体の主翼の強化により四発の追加の空対空ミサイルの搭載を可能とすることである。Dscf0353(上の写真は筆者がJA2012会場で撮影のF-15J改良構想模型 クリックで写真拡大)

Armington, a former US Air Force F-15 pilot, says the addition of 50% more missiles would greatly enhance the combat endurance of Japan's aircraft, and be especially useful against potential cruise missile threats. However, he notes that while Boeing has informed the Japanese government of possible upgrade options, it is still only in the "marketing phase".
米空軍の元F-15パイロットであるArmington氏は、ミサイル搭載量の五割の追加は日本の機体の戦闘持続性を大幅に向上させ、潜在的な巡航ミサイルの脅威に対して特に有効であるであろうと述べる。しかしながら、ボーイング社が日本政府に可能な改良オプションを提示したが、まだ「売り込み段階」に過ぎないことを彼は注釈する。F15j(上の写真は筆者がJA2012会場で撮影のF-15J改良構想模型 クリックで写真拡大)

Long-term possibilities also exist for Boeing's 737-based airborne early warning & control (AEW&C) system aircraft, with Armington noting that Tokyo is giving command, control, communications, computers, intelligence, surveillance and reconnaissance needs a high priority. 長期的な需要見込みとしてボーイングの737ベースの早期警戒管制(AEW&C)機もあり、Armington氏によると指揮・統制・通信・コンピューター・情報・監視・偵察の必要性に日本政府は高い優先順位を与えている。E737(上の写真は筆者がJA2012会場で撮影のボーイング737ベースのAEW&C機の模型 クリックで写真拡大)Dscf0352(上の写真は筆者がJA2012会場で撮影のE-767の模型 E-767の能力向上予算が防衛省平成25年度予算概算要求でも計上されている クリックで写真拡大)

There may also be potential to sell Japan UAVs. At the Farnborough air show in July, Boeing unit Insitu announced Tokyo was buying two ScanEagles for land-based maritime missions.Armington says the aircraft will be used for operational evaluations, which could eventually lead to subsequent orders.
 日本にUAVを販売する潜在需要もあるかもしれない。7月のFarnboroughエアショーでボーイング社の一部であるInsitu社は日本政府が二機のScanEaglesを地上発射の海洋偵察用に購入することを発表した。Armington氏は機体が運用評価用に使われ、やがて追加注文に繋がり得ると述べる。Dscf0355(上の写真は筆者がJA2012会場で撮影のScanEagleの模型 クリックで拡大)

(引用及び翻訳終了)
-------------------------------------------------------------------
 初めに言及のあります空中給油機に関してですが、以前に当ブログにてもKC-46A空中給油機を米空軍が選定したことは、空自が空中給油機を追加導入する上で有利となる旨を執筆しました。

「米国KC-X計画ボーイング社選定と日本の空中給油機追加導入の可能性について」(2011年2月27日 (日))

 新空中給油機のKC-46Aは航空自衛隊のKC-767Jと仕様は殆ど変わらず、同じボーイング767-200をベースとしています(コクピットとエンジン等は異なります)。KC-46を導入しますと調達コストを下げる事が可能かもしれません。また米空軍と共通の装備を有することにより運用上のメリットがあるでしょう。

 順番が前後しますが、記事の後半に言及がありますScanEagleに関しましても当ブログにて詳しく執筆したことがありました。

「防衛省、無人機とロボット購入へ 震災教訓、有事投入も」(2011年9月17日 (土))

この動画は米国Boeing社の子会社であるInsitu.Comが制作したScanEagleの説明動画

 2名で運用が可能で発射がカタパルト式で回収もフックで行うことが可能なScanEagleは非常に柔軟な運用が可能と言えるのではないでしょうか。

 KC-46の次に触れられているF-15の改良計画ですが、ボーイング社のこの改修提案は巡航ミサイル対処が喫緊の課題となりつつあるわが国には最適のソリューションと言えるかもしれません。その一方で主翼を強化することに伴う重量増加はどの程度なのでしょう。AAMを追加するとなると、それに加えて更なる重量加算です。それによる後続距離や機動性への影響は如何なるものでしょう。実証試験も必要です。F-15改修に関しましても当ブログで過去に記事を執筆したことがあります。

「米空軍のF-15改良計画に思うこと」(2011年11月25日 (金))

Dsc0156628129
(上の写真は筆者の友人であるDagger_zero、天山氏により撮影のF-15J 本人の承諾を得て掲載 クリックで写真拡大)

米空軍のF-15C/D戦闘機の寿命を9,000時間から18,000時間に延長し、F-15E戦闘爆撃の8000時間の寿命を32,000時間に延長する為の試験をボーイング社は実施している旨をこの過去記事で紹介しました。Flightglobalの2012年8月17日(金) 08:58付けの記事"USAF plans F-15 modernization, but pilots want better displays(米空軍がF-15近代化を計画するが、パイロットはより良いディスプレーを要望する)"にその続報が書かれていますので下記に記事の一部を抜粋し、翻訳します。

-------------------------------------------------------------------
On the two-seat multirole F-15E Strike Eagle, the air force is planning to add the new Raytheon APG-82(V)1 active electronically-scanned array (AESA) radar, a new advanced display core processor II (ADCP II) mission computer, a new electronic warfare system dubbed the Eagle passive/active warning and survivability system (EPAWSS), a digital video recorder, Mode 5 identification friend or foe (IFF), and a joint helmet mounted cueing system (JHMCS) for the front seat, says a senior air force official at the F-15 system program office (SPO) at Robins AFB, Georgia. The aircraft will also receive a series of software block updates.
複座のマルチロール機F-15Eストライクイーグルでは空軍は新型のレイセオンAPG-82(V)1アクティブ電子走査アレイ(AESA)レーダー、新型ディスプレイコアプロセッサII (ADCP II) ミッションコンピューター、イーグルパッシブ/アクティブ警戒生存システム(EPAWSS)、デジタルビデオレコーダ、モード5敵味方識別装置(IFF)、前席の統合ヘルメット装着式目標指定システム(JHMCS)を空軍は追加する計画であるとジョージア州ロビンズ空軍基地にあるF-15システムプログラム部(SPO)の空軍高官は述べる。同機種は連続的なソフトウェアのブロックの向上も受けるであろう。

The air force plans to furnish the single-seat F-15C air superiority fighter fleet with a similar upgrade. The F-15C is already receiving the Raytheon APG-63(V) 3 AESA, but it will also receive the ADCP II, EPAWSS, Mode 5 IFF, a new flight data recorder, a satellite communications (SATCOM) radio, and a new digital video recorder, the F-15 SPO official says. The F-15 will also receive a series of software block updates.
空軍は単座機のF-15C制空戦闘機の編隊も同様の改良を加える計画である。F-15Cは既にレイセオンAPG-63(V) 3 AESAを装備しつつあるが、しかしF-15CにもADCP II、EPAWSS、モード5 IFF、新型フライトレコーダー、衛星通信(SATCOM)無線機、新型デジタルビデオレコーダーが加えられるであろうとSPO関係者は述べる。F-15Cも複数回に亘るソフトウェアブロックの改良を受ける事となる。

Pilots applaud the improved sensors, but point out that without a major overhaul to the aircraft's displays, they will not be able to take full advantage of those new systems. "Those look like great upgrades. The part I see that is lacking is in the displays," says one highly experienced former F-15 pilot. "You have these phenomenal subsystems, but if you can't provide [sensor data] in a meaningful way to the operator, it doesn't matter."
パイロット達はセンサー類の改良を歓迎するが、機体ディスプレイの大幅な改修を無くしては、彼等はこれらの新たなシステムを十分に有効活用することは出来ないであろう。「これらは素晴らしい改修に思える。不足しているのがディスプレイだと私には思える」と熟練の元F-15パイロットの一人は述べる。「これらの驚異的なサブシステムを有したとしても、センサーデータを操縦士に有効な方法に提供出来なければ、意味がない。」

The radar display on the F-15C is particularly problematic. "The F-15C has a phenomenal radar, but the info is displayed on a tiny four by four [inch] scope," the pilot says. Even the F-15E, which has a much more modern glass cockpit, will not be able to fully utilize the information generated by the new sensors without further modernization.
F-15のレーダーディスプレイは特に問題である。「F-15は素晴らしいレーダーを有するが、情報は4×4(インチ)の小さなディスプレイに表示される。」とパイロットは述べる。より近代的なグラスコクピットを有するF-15Eですら、更なる近代改修を行わない限りは新型センサーで収集した情報を十分に活用し得ないであろう。

The USAF also hopes to add an infrared search and track (IRST) capability to the F-15C, which could significantly boost the air-to-air capability of the venerable air superiority fighter. "The IRST program will restart in fiscal year 2015," the official says. But "the F-15E will not receive the IRST" because it is not primarily tasked with air-to-air missions.
米空軍はF-15Cに赤外線捜索追跡(IRST)能力を付与する計画であり、古き制空戦闘機の空戦能力を著しく向上するであろう。「IRSTプログラムは2015年度予算に再開する」と関係者は述べる。しかし「F-15Eは主任務が空戦ではないので」IRSTを受けない。

"Previous F-15E full scale testing successfully demonstrated 16,000 flight hours of operational usage with no catastrophic failures or evidence of life limiting fatigue issues. The current fleet average is approximately 9,000 hours," the official says. "A contract for additional testing was awarded in [fiscal year 2010] to recertify the F-15E structure for service to 2035 based on current/projected flying hours and usage severity." Testing in the Strike Eagle should be completed by September 2015.
「以前のF-15E実物規模試験では重大不具合や寿命制限老朽化問題なしに作戦使用16,000飛行時間を成功裏に実証した。現行の飛行隊の平均は約9000時間である。」と空軍関係者は述べた。「現行の/予想される飛行時間と使用の過酷さに基づき、2035年まで運用する為のF-15Eの構造を再証明する為に追加試験の契約が(2010年度予算で)認められた。」ストライクイーグルに関する試験は2015年9月に完了見込みである。

F-15C full scale testing has already demonstrated 18,000 flight hours of operational usage "with no catastrophic failures or evidence of life limiting fatigue issues. The current fleet average is approximately 8,600 hours," the F-15 SPO official says. The air force awarded a contract for additional testing on the jet in fiscal year 2009 to recertify the F-15C's structure to push its service life out to 2030. That is "based on current/projected flying hours and usage severity," the official says.Testing on the F-15C should be complete by September 2014.
F-15C実物規模試験では既に「重大不具合や寿命制限老朽化問題なし」に作戦使用18,000飛行時間を実証した。「現行の飛行隊の平均は約8600時間である。」とF-15 SPO関係者は述べる。空軍は運用寿命を2030年まで延長する為のF-15Cの構造を再実証する為のF-15Cの追加試験を2009年度予算で契約した。それは「現行の/予想される飛行時間と使用の過酷さに基づく。」と空軍関係者は述べる。F-15Cの試験は2014年9月には完了見込みである。

(引用及び翻訳終了)
-------------------------------------------------------------------
米空軍でのこれらの改修とそれに対するパイロットの反応は示唆に富むものとなっています。イーグルの長期運用が可能であることが実証されたならば、機動性の高い大型双発制空戦闘機は2030年代まで第一線に留まるべきだと私は考えます。 その一方で如何にセンサーや電子機器を改良したとしましても、それは現代戦に通じるグラスコクピットとしなくては無意味であると米空軍のパイロットは感じている模様です。

(下の画像はボーイング社FA-18E Block II公式日本語版カタログ(PDF)より次世代コクピット クリックで画像拡大)

Large_area_displayしかし米空軍としては現段階ではその予定は無い模様ではあります。無論それは予算的制約から来ているのでしょう。 高まりつつある経空脅威を考えますと、日本の防衛産業市場に於けるボーイング社の商機は十分あると言えるでしょう。Dsc0156028129(上の写真は筆者の友人であるDagger_zero、天山氏により撮影のF-15J 本人の承諾を得て掲載 クリックで写真拡大)

この動画はYouTubeに投稿された「F-15J対アグレッサー所属F-15J 模擬空中戦」

 突発的事態が発生しない限りは次の記事ではその他の出展企業が発信した情報に関しまして執筆したいと考えています。

« 米空軍T-38練習機の後継機に国際共同開発構想? | トップページ | JA2012国際航空宇宙展に於ける各メーカー表明事項-後半-国内メーカー動向編 »

軍事」カテゴリの記事

コメント

F-15のUIといえば、一時期話題になったJHMCSの採用はどうなったのでしょうね?
MSIP等は、極めてスローペースとは言え進捗の具合が伝わってきますが、その話については全く耳に入ってきません。
HMDあってこそ、オフボアサイト能力を持つAAM-5が力を発揮できると思われますが…

AEW&Cでは、E-2C、特に機体の老朽化が激しいと聞きます。システムがアップグレードで大幅に底上げされた分残念な話ですが、そろそろ空幕内部では選定が始まっているのかもしれません。
ただ、ボーイングが売り込んでいるE-737は機体規模が大きく、これから重要になってくる南西方面での運用は難しいものがあると思います。
むしろ求められるのは、小型(耐爆ハンガーに格納する際も融通がきき、予算の関係上要求される高稼働率を維持しやすい)
のAEW&Cであり、E-767のようなAWACSと短所を補い合いながら運用されるのではないでしょうか?

アシナガバチさんの記事、毎回楽しく、興味深く読ましていただいています。

浦島太郎様
こんにちは。JHMCSの研究が進められているとの話は聞きますしWikipediaにも記述がありますが、実際に本格的に運用段階にあるのかどうかは不明です(小松基地には配備されているとの噂がありますが、それを公式資料では確認できませんでした)。
その一方で島津さんの国産HMDはどうなったのかも興味深いところではあります。

>E-737
他に有力な候補機種となり得る機体としてE-2Dがあり、E-2C後継としては最も自然な選択肢ではないかと私は考えます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/560041/55903364

この記事へのトラックバック一覧です: JA2012国際航空宇宙展に於ける各メーカー表明事項-前半-ボーイング社編:

« 米空軍T-38練習機の後継機に国際共同開発構想? | トップページ | JA2012国際航空宇宙展に於ける各メーカー表明事項-後半-国内メーカー動向編 »

最近のトラックバック