フォト

twitter

無料ブログはココログ
2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

今日の時事英語

  • 今日の時事英語

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

2013年3月31日 (日)

中国国営テレビ「中国がロシアから戦闘機と潜水艦購入」報道の怪

Vladimir Putin and Xi Jinping made press statements following the talks.

(上の写真はクレムリン公式ホームページより、2013年3月22日中露首脳会談の写真を公式リンクより埋め込み)

1.問題の報道
既に各報道でご存じのことと思いますが、「スホイ35」24機と、「ラーダ型」潜水艦4隻を中国がロシアから購入する契約を中露間で交わしたと、中国国営の中国中央テレビが報じました。

「中国がロシアから戦闘機と潜水艦購入」(2013年3月25日 16時34分 NHK)
「契約は今月22日から行われた習近平国家主席のロシア訪問前に交わされました。」、「契約金額はおよそ30億ドル(日本円にして2800億円余り)と推定されていて、中国中央テレビによりますと、ロシアから購入する装備の規模としては、過去10年で最大だということです。」 、「地対空ミサイルや空中給油機などの技術協力でも、中ロの間で近く合意する見通しだということです。」

 2013年3月25日(月)のDefense Newsの記事"China To Buy Russian Fighters, Subs(中国がロシア製戦闘機と潜水艦を購入へ)"前述のNHKの報道とほぼ同じ内容で報じています。しかしより詳しい記述がありますので、その部分を下記に抜粋し翻訳します。
-------------------------------------------------------------------
Two of the submarines will be built in Russia, with the other two to be built in China.
潜水艦2隻はロシアで建造され、残り2隻は中国で建造される。

China and Russia are expected to cooperate further in developing military technology, the report said, including that for S-400 long-range anti-aircraft missiles, 117S large thrust engines, Il-476 large transport aircraft and Il-78 aerial tankers.
中国とロシアは軍事技術の開発で更なる協力が予想され、S-400長距離対空ミサイル、117S高排出エンジン、IL-476大型輸送機、そしてIl-78空中給油機を含む。

(引用及び翻訳終了)
-------------------------------------------------------------------
 中国国営の中国中央テレビや、それを引用するかたちで人民日報も伝えており、中国政府の公式発表と言えるでしょう。

 Su-35のロシアから中国への輸出に関する報道は以前から何度も浮かんでは消えを繰り返しており、以前も当ブログで執筆したことがありました。

「ロシア Su-35の対中輸出を検討へ」2010年11月19日 (金)

 しかも「ラーダ型」潜水艦4隻のうち2隻を中国が建造するとの報道が事実であれば、それは将来的に中国の潜水艦建造技術の向上に繋がるものであり、わが国を含む周辺諸国にとり大きな脅威となり得ると言わざるを得ません。

B585_sanktpeterburg_in_2010
(上の写真はWikipediaよりラーダ型潜水艦 クリックで写真拡大 Морозов Л.Н.氏撮影)

2.中国による報道をロシア側は否定

 しかしこの中国側の報道はロシア側の報道により否定されました。この否定に関する報道もDefense Newsに掲載されています。下は2013年3月25日(月)に掲載されました"Russia: No Deal on Sale of Fighters, Subs to China(ロシア:戦闘機、潜水艦の中国への販売に関し取引はなし)"の一部抜粋と翻訳です。

-------------------------------------------------------------------
Russia is denying Chinese media claims that Moscow and Beijing have signed agreements to sell Russian-made arms and military technology to China, including 24 Su-35 multirole fighter jets and four Amur-class diesel submarines.
24機のSu-35マルチロール戦闘機と4隻のアムール級ディーゼル潜水艦を含むロシア製兵器と軍事技術を中国に売却する合意に、ロシア政府と中国政府が署名したとの中国側の報道をロシアは否定している。

During a recent visit by Chinese President Xi Jinping to Moscow from Friday to Sunday, no discussions took place regarding "military-technical cooperation" issues, the ITAR-TASS news agency reported Monday.
金曜日から日曜日までの習近平中国国家主席による最近のモスクワ訪問の間に、軍事技術協力問題に関する議論はなかったとイタルタス通信社が月曜日に報じた。

"The Kremlin is officially denying even discussing arms trade during Xi's visit," said Vasiliy Kashin, a China military specialist at the Moscow-based Centre for Analysis of Strategies and Technologies (CAST)."In Russia-China relations, specific arms trade contracts are almost never discussed by the top leaders, just the general approaches."
「習主席訪問の間に武器輸出を議論したことすらクレムリンは公式に否定している。」とモスクワにある戦略技術分析センター(CAST)の中国軍事専門家のVasiliy Kashin氏は述べた。「中露間では、首脳間で特定の武器取引契約が議論されることはまずなく、一般的な段取りだけである。」

China intentionally violated intellectual property right (IPR) agreements when it copied and manufactured Russia's Su-27 fighter as the J-11B, according to Russia.
ロシアによると、ロシアのSu-27戦闘機をJ-11Bとして複製し製造した時に、中国は故意に知的財産権(IPR)合意に違反した。

There are strong suspicions China will procure the technological know-how of the Su-35 and Amur and simply produce an indigenous version.
中国がSu-35とアムールの技術ノウハウを発注し単純に海賊版を製造する強い不信感がある。

There also are concerns China wants access to the Su-35's Saturn AL-117S engine, which is outfitted on the T-50, a prototype of Russia's fifth-generation Sukhoi PAK FA stealth fighter.
またロシア第五世代スホイPAK FAステルス戦闘機のプロトタイプであるT-50にも搭載されているSu-35のSaturn AL-117Sエンジンへのアクセスを中国が欲しがっている懸念もある。

(引用及び翻訳終了)
-------------------------------------------------------------------
 イタルタス通信社はロシアの国営通信であり、そのイタルタス通信社がこの中国側の報道を否定したことは少なくとも首脳会談で議論をしたという認識はロシア側にはないと言えます。

3.日本の動き
 ところが、この否定と矛盾する動きがその一方であります。日本の小野寺防衛大臣とロシアのアファナシエフ駐日大使との会談がそれです。

その会談の予定は防衛省の公式ホームページでも確認することが出来ます。

「駐日ロシア連邦特命全権大使の当省訪問について」(平成25年3月25日 防衛省)
1 訪問者 駐日ロシア連邦特命全権大使 アファナシエフ, エヴゲーニー・ウラジミロヴィッチ 閣下
2 訪問日時及び訪問先 平成25年3月26日(火)15:20- 大臣

「防衛相 中国の戦闘機購入を懸念」(2013年3月26日 20時51分)
「小野寺大臣は中国がロシアから新型の戦闘機と潜水艦を購入する契約を交わしたことが明らかになったことを取り上げ、「中国はこの10年で、国防費が4倍近くに増えており、日本を含めた周辺諸国は心配している。契約については日本としても注視している」と述べ、懸念を伝えました。これに対し、アファナシエフ大使は「中国との防衛協力は従来から行っており、国際ルールに基づいている」と述べました。」

4.どう解釈するべきなのか 
会談のごく一部しか報道されていませんので詳しいことは分かりませんが、このNHKの報道から分かることは、日本政府はこの契約は事実であると見ており、そしてロシア側はそれを否定をしておらず、従いまして現段階では何が真実なのかは分かりません。しかしその一方で各報道を見直しますと、おぼろげに見えてくるものもあります。

「中国がロシアから戦闘機と潜水艦購入」(2013年3月25日 16時34分 NHK)
「契約は今月22日から行われた習近平国家主席のロシア訪問前に交わされました。」

China To Buy Russian Fighters, Subs(2013年3月25日(月) Defense News)
"The agreement to buy the 24 Su-35 fighters and four Lada-class submarines was signed just before President Xi Jinping's weekend visit to Russia, said the People's Daily, citing state television.
24機のSu-35戦闘機と4隻のラーダ級潜水艦を購入する同意書は習近平国家主席の週末のロシア訪問直前に署名された

Russia: No Deal on Sale of Fighters, Subs to China(2013年3月25日(月) Defense News)
During a recent visit by Chinese President Xi Jinping to Moscow from Friday to Sunday, no discussions took place regarding "military-technical cooperation" issues, the ITAR-TASS news agency reported Monday.
金曜日から日曜日までの習近平中国国家主席による最近のモスクワ訪問の間、軍事技術協力問題に関する議論はなかったとイタルタス通信社が月曜日に報じた。
"The Kremlin is officially denying even discussing arms trade during Xi's visit,"
習主席訪問の間に武器輸出を議論したことすらクレムリンは公式に否定している。」

 このことからもし中露間で何らかの合意があったとするならば、それは習近平国家主席の訪ロ前であり、首脳会談ではそのことに関しては議論をしなかったとの解釈が可能です。しかしロシア側からどちらかと言えばネガティブな報道が出ているのは、中露間の信頼関係がまだ完全なものではなく、特に信頼関係の構築と技術移転に関する詳細な取り決めが課題となっているのかもしれません。

2013年3月14日 (木)

Lockheed Martin社がステルス機搭載用に謎のCudaミサイルを開発中

 Lockheed Martin社がステルス機搭載用にCudaと呼ばれる謎の空対空ミサイルを開発していますが、その概要がおぼろげながら明らかとなりつつあります。

 その新型空対空ミサイルが取り沙汰され始めたのは昨年12月頃からでした。

Lockheed working on new air-to-air hit-to-kill missile(Lockheedが新型直撃式空対空ミサイルを開発中)、(2012年12月4日09:20 Flightglobal)

このミサイルの特徴は直撃式であることと、搭載可能なミサイルの数を大幅に増やす事が可能となることです。下記に記事の一部抜粋と翻訳を行います。

-------------------------------------------------------------------
Called the "Cuda", the weapon would increase the F-35's air-to-air load-out from four Raytheon AIM-120 AMRAAM missiles to eight of the proposed HTK weapons. For the F-22, the number of beyond visual range weapons the jet could carry might increase to as many as 14. The Raptor currently carries six AIM-120s and two Raytheon AIM-9 Sidewinders.

Cudaと呼ばれる兵器はF-35の空対空搭載量を四発のレイセオン社製AIM-120 AMRAAMミサイルから八発のこの提案中の直撃式武器に増加することが出来る。F-22では搭載可能な目視外射程武器を実に14発まで増やすかとが可能となるかもしれない。ラプターは現状六発のAIM-120と二発のレイセオン社製AIM-9サイドワインダーを携行する。

If the weapon proceeds into development, the challenge will be to-at the very least-match the AMRAAM's attributes. The Lockheed concept would have to be as lethal and offer the same or better range. And, it must have a good off-boresight capability. Moreover, it must be fielded quickly and cheaply in the current budget environment. "If the answer to either of those is no, they will have a borderline insurmountable uphill battle," the source says.
もしこの兵器が開発段階となれば、その挑戦は、どう少なく考えてもAMRAAMの特性と同等となるであろう。Lockheed社の概念は同等の致死性で同じかより長射程でなくてはならない。そして優良なオフボアサイト能力を有しなくてはならない。その上に現行の予算の環境で早急に安価に配備されなくてはならない。これらのひとつでも満たさないのであれば、到底採用されないであろう」と関係者は述べた。

(引用及び翻訳終了)
-------------------------------------------------------------------
 この記事の最後の関係者のコメントから、もし開発がスタートしますとこの新型ミサイルの性能は全般的にAMRAAMを上回ることを要求されることが予見されます。

これに加えて更なる新情報がFlightglobalの2月23日(土)05:49の記事"Details emerge about Lockheed’s Cuda missile (Lockheed社製Cudaミサイルに関する更なる情報が明らかとなる)"で報道されました。

そしてこれがその製品カードの写真です。

上記二点の資料から分かることは下記のとおりです。

・全長は70インチ(1.78m)

・致死性が高く、コストが安い

・マルチモードシーカー

・超高G機動

・360°カバー

・多様な経空脅威(敵機や無人機)に対処可能

・F-22Aでは搭載量を2倍の12発に、F-35Aでは3倍の12発に

 また製品カード右下の写真は車両や小型舟艇の攻撃にも使用可能であることを示唆しています。

  このCudaミサイルの性能に関してはその他複数のソースから性能を推測することが可能です。2012年度のAirforce Magagineの第77頁(PDFファイル6枚目)では"The missile is about the size of a Small Diameter Bomb and fits on an SDB-style rack.(そのミサイルはおおよそ小直径爆弾のサイズであり、小型直径爆弾のラックに適合する)" との記述が見受けられます。上記でも述べましたが実際にLockheed社製品カードの写真では全長は70インチとなっており、SDBとほぼ同等です。

ボーイング社公式ホームページSDB

寸法: (L x W): 70.8" x 7.5" (1.8 m x 19 cm)

Bru614xgbu39

(上の写真はWikipediaよりSDB 著作権はPublic Domain)

SDBの射程距離はボーイング社の公式ホームページによりますと"more than 60 nautical miles(60海里以上)"となっています。無論これは対地攻撃時の滑空の射程ですが、この数値を考えますとAMRAAMと同等以上との数字には現実味があると言えるでしょう。またSDBはコンクリートのバンカーを見事に貫通しています。

Gbu39_impact

(上の写真はWikipediaよりSDBがコンクリートのバンカーを貫通し内部の航空機を破壊する様子 著作権はPublic Domain)

 もし実用化されれば、少数の機体で人海戦術に対処可能であり、多目的に使える画期的な新兵器となると言えるでしょう。

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

最近のトラックバック