フォト

twitter

無料ブログはココログ
2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

今日の時事英語

  • 今日の時事英語

« 中国国営テレビ「中国がロシアから戦闘機と潜水艦購入」報道の怪 | トップページ | 日本が「核兵器の人道的影響に関する共同声明」に賛同を見送ったことに思うこと »

2013年4月 6日 (土)

韓国へのF-35A輸出の可能性に関するDSCAによる米議会への通知を巡る一部誤報と通知内容に思うこと

F35a_korea
(上の画像はf35.comより韓国向けF-35A広告 PDF file クリックで画像拡大)

1.一部日本のマスコミが「韓国がF-35AとF-15の両方を60機ずつ導入する」と誤報
 韓国がF-35AとF-15の両方を60機ずつ導入するとの報道が日本の一部マスコミが報じました。下のリンクはその記事の魚拓です。

「韓国にF35A売却決定 韓国はF15も同数調達へ F35の補てんか」(2013年4月4日(木)00:21 産経新聞)

 この記事によりますと米国防総省が3日に連邦議会に報告したとしており、F-35Aは総額108億ドル(約1兆円)となり、それと合わせてF-15戦闘機を計24億ドルで売却するとしています。

 この米国防総省による議会への報告とはDSCA(米国防安全保障協力局)による通知を指していると思われ、主要な武器輸出に関する事柄はDSCAの公式ホームページの「武器販売通知」のページで確認をする事が可能です。2013年度の欄で韓国へのこの戦闘機輸出に関する事項を見つけることは確かに出来ました。

Korea – F-35 Joint Strike Fighter Aircraft
The Defense Security Cooperation Agency notified Congress March 29 of a possible Foreign Military Sale to the Government of Korea for 60 F-35 Joint Strike Fighter Conventional Take Off and Landing (CTOL) aircraft
(筆者日本語訳:米国防安全保障協力局は3月29日に議会に対して、韓国政府への60機のF-35統合打撃戦闘機通常離着陸機の対外有償軍事援助の可能性を通知した。)

This notice of a potential sale is required by law and does not mean the sale has been concluded.
(筆者日本語訳:この潜在的な販売の通知は法律により要求されており、販売が確定した訳ではない。)

Korea – F-15 Silent Eagle Aircraft Support
The Defense Security Cooperation Agency notified Congress March 29 of a possible Foreign Military Sale to the Government of Korea in support of (60) F-15 Silent Eagle
(筆者日本語訳:米国防安全保障協力局は3月29日に議会に対して、韓国政府への(60機の)F-15サイレントイーグルの対外有償軍事援助の可能性を通知した。)

This notice of a potential sale is required by law and does not mean the sale has been concluded.
(筆者日本語訳:この潜在的な販売の通知は法律により要求されており、販売が確定した訳ではない。)

この動画Tonkatsu298氏によりYouTubeに投稿されたF-15SE関連動画 F-15SEのコンセプトやコクピットが良く分かる)

 即ちこれは販売される可能性を議会に報告したものであって、韓国への輸出が確定した訳ではありません。同じく2013年4月3日(水)のDefense Newsの記事"Details Emerge for S. Korean JSF and Silent Eagle Sales ( 韓国向けのJSFとF-15サイレントイーグル販売の詳細が判明)"でも同じ主旨が記載されています。下記はその記事の一部抜粋と私による翻訳です。
-------------------------------------------------------------------
The notifications are not necessarily a sign that the South Korean military will shortly reach a decision. Instead, it lays out what a potential sale might look like, so if the South Korean armed forces decide to pick one of the American fighters they can quickly sign a contract.
通知は韓国軍がまもなく決定するという兆候では必ずしもない。その代わりに潜在的な取引がどういったものになるかを示すものであり、そうすれば韓国軍が米国製戦闘機のうちの一機種を選定したならば直ぐに契約書に署名が出来る。

“The notification does not pre-suppose that the F-35 has been selected, but is an administrative requirement in order for Korea to consider a US Government Foreign Military Sales offer.
通知はF-35が選定された事を事前に想定しないが、これは韓国が米国の対外有償軍事援助提案を検討する上で行政手続きとして必要である。 

(引用及び翻訳終了)
-------------------------------------------------------------------
 従いまして一部マスコミの第一報は完全な誤報であったことがわかります。該当新聞社は恐らくそれに気がつき、今は記事内容を全面改定しました。

2.韓国へのF-35A輸出に関するDSCAの議会への通知内容と、昨年に公表された日本に関するそれとの比較
 日本への輸出に関しましては2012年4月30日に議会に通知され、2012年5月1日にその旨がDSCAの公式ホームページに掲載されました。

Japan-F-35 Joint Strike Fighter Aircraft(日本-F-35 統合攻撃戦闘機)

当ブログ過去関連記事:「日本のF-35導入に関する米国との交渉状況(2012年5月現在)~一機単価は190億円?~」(2012年5月 4日 (金))

 今回の韓国へのF-35A輸出に関するDSCAの議会への通知内容と、昨年の日本に関するそれを比較しますと、下記の様な微妙な差異が何点か見受けられます。

(1)金額
日本:42機で100億ドル
韓国:60機で108億ドル

(2)F-135エンジンのスペア
日本:5基
韓国:9基

(3)訓練装置
日本:Flight Mission Trainer(飛行作戦訓練装置)
韓国:Full Mission Trainer(完全作戦訓練装置)

(4)飛行試験機器
日本:
韓国:

(5)通信機器(F-35A本体には日韓共にC4I/CNIが組み込まれているので、この通信機器とは何を指すのかは不明)
日本:
韓国:

(6)資料
日本:technical data and publications(技術データと出版物)
韓国:publication and technical document(出版物と技術文書)

(7)米国による日韓への技術・兵站支援
日本:U.S. Government and contractor engineering, technical, and logistics support services(米国政府及び契約業者のエンジニアリング・技術・兵站支援サービス)
韓国:U.S. Government and contractor engineering and logistics personal services(米国政府及び契約業者のエンジニアリング・兵站支援要員サービス)

 韓国に関しましてはまだユーロファイタータイフーンを含む機種選定が行われており、それぞれの陣営との交渉で最終的な契約の内容が変わる可能性はあります。しかし今回の通知は予想される契約内容の概要を示しており、大変参考になる資料です。日本がF-35AをF-15J非MSIP型の後継として追加導入する場合の参考資料ともなるかもしれません。

 いずれにしましても韓国がF-35Aを選定した場合に、日本のFACOや防衛産業にて部品製造、重整備や修理を行うと思われますので、それは日本の防衛産業にとりメリットが生じることとなるでしょう。

« 中国国営テレビ「中国がロシアから戦闘機と潜水艦購入」報道の怪 | トップページ | 日本が「核兵器の人道的影響に関する共同声明」に賛同を見送ったことに思うこと »

軍事」カテゴリの記事

コメント

産経はF-35憎しのあまりひどい記事になってしまったようで。
読売など他紙は韓国のF-XⅢの話だとわかって書いたようなので
余計にあれですね。訂正後も次期戦闘機選定の話であることを
隠しているあたり対応も最悪の部類かと思います。

韓国がF-35を購入した場合、資金はどうするつもりなんでしょうね。
ましてやF-15(サイレントイーグル)まで、というのは予算的に無理でしょう。
新聞社には自分のアタマで考えるニンゲンがいると信じたいのですけど、高望みでしょうか?

それはともかく、日本がF-35の数を減らしてF-15を調達してくれるといいのですけどね。

60機で100億ドル余りとは安すぎると思い、ライセンス率が低い乃至完全輸入なのではと思っていましたが、やはり技術提供に関しては日本よりも限られた範囲のようですね。韓国はKF-Xでステルス機を研究開発中ですが、産業界としてはF-35の技術を得られないのは痛い、というか戦闘機生産が滞るのではないだろうか。

ユーリ様
誤報や心情により解釈を誤ることは人間なのですから有り得る事です。私も何回か間違えた記事を執筆した事があります。問題はミスをした後の対応なのです。誤報をしてしまった事をアナウンスし、訂正する事が重要だと私は思います。

みやとん様
日本の場合は防衛大綱で戦闘機の定数は決まっていますので、調達数は固まっています。もし日本がF-35AとF-15(C型は生産ラインはもうありません。Eの派生型は複座機ですので教育費が二倍必要)の二機種を調達しますと、それぞれの調達数が減ることとなり、結果として発注ロット数減少により両機種ともに単価が大幅に高騰する可能性があります。また運用機種の増加に伴います運用維持コストも上昇すると考えて良いでしょう。

橘花様
日本の場合は最初の四機はFMSですが、それ以降は日本国内のアセンブリラインでの製造となりますので、そこは日本と韓国の大きな違いとなります。また日本の場合は100機規模で追加調達を行う可能性があり、最終的にはより調達し易い価格となるかもしれません。

これ、すんなり行くとは思えませんね。
F-35は日本で製造された機体が行く可能性が高いですし重要な整備も日本に委託しないと機体を維持できない体制になるでしょうが、彼らがそれに納得するとは到底思えません。
契約締結後に「日本と条件が違うのはおかしい」といつも通りに契約外の駄々を捏ねる姿が目に浮かびます。
おそらく契約が決まってさえしまえば重要な顧客である自分達を蔑ろに出来なくなるから我侭を言ってもそれが通ると踏んで無理難題を言い出すでしょう。
まだ紆余曲折あると思いますよ。

天雪様
私もその可能性が高いのではないかと心配しています。韓国がF-35Aを選定した場合は、日本がF-35Aを導入する事を決定した事に対する対抗意識が働いた可能性もあります。特に日韓の間には歴史問題や竹島問題等の感情の軋轢が双方にあり、韓国のF-35Aに日本製が使われることや、FACOで彼等のF-35Aの整備や修理が行われている事に対する強い反発があることが予想されます。天雪氏の懸念は私も憂慮しているところです

産経はこの種の誤報の前科が幾つあるんでしょうね・・・。毎度ながら呆れるばかりです。

キンタ様
防衛省内でも産経のF-35に関するネガティブキャンペーンや誤報は確信犯との見方が一部にある模様です。

個人的に思うのはF35はF22で得た経験をフィードバックした輸出用の廉価版のやうな気もします。
F22は既にオーバースペックで多額の予算をつぎ込んだ戦闘機ですが、そのスッペクの高さが災いして、輸出できない代物でありますな。
それにつぎ込んだ予算をアメリカだけの配備では採算が合わないから、F22の技術をフィードバックしたF35を輸出する事によって採算を採るやうな気もします。
アメリカとしては、F35を色んな国に売りたいのではないのでしょかね。
韓国もその一つなんでしょうかねぇ

紙の穴総帥様
>(F-35はF-22の)廉価版
そう言える部分と必ずしもそうは言えない部分があると思います。
確かにF-35AのレーダーやエンジンはF-22Aの派生型です。
しかしF-22Aはご存知のことと思いますが、F-15C/D制空戦闘機の後継として開発された経緯があり、F-35はF-16、A-10、F/A-18、AV8Bの後継との位置付けです。
またF-35にはF-22にはない特徴が多々あることもご存知のことと思います(F-22Aより長い後続距離、マルチロール性、Sensor Fusion、Situational Awareness、他の戦闘機と互換性のあるデータリンク)。マルチロール性がなく、他の戦闘機との互換性のないF-22はリビアに投入されませんでした。
またF-35のステルスコーティングはF-22にフィードバックされます。
そう考えますと単純に廉価版と言って良いのかは疑問があるのです。
売れれば売れるほど単価が下がるメリットがありますので、韓国にも輸出したいところが本年ではあると思われます

おはようございます

竹島を巡って日韓のF- 35が対決する~なんて構図が…
まぁ、その時は韓の整備を差し止めればいいのカモ(  ̄▽ ̄) F- 35を導入したのが皮肉にも幸運だった?

土方様
お早うございます。
韓国がF-35を導入するとは確定していませんが、韓国は結果として日本の防衛産業に頼ることになるかもしれませんね。

もし韓国が本当に60機ものF-35を導入できたら日本の空軍力超えるんじゃない?

イーグル様
お久しぶりです。もし韓国がF-35Aを60機導入したとするならば、少なくとも第五世代戦闘機の保有数は日本を一時的に上回ることにはなるでしょうね。
しかし中長期的には日本もF-35Aを追加導入すると思われますし、また日本のFACOで重整備するとなりますとメンテナンスを日本に頼る事となります。また稼働率、パイロットの力量、その他のアセットと組み合わせた時に総合的にどの様になるかはどうなるかは議論の余地があると思います

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/560041/57102807

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国へのF-35A輸出の可能性に関するDSCAによる米議会への通知を巡る一部誤報と通知内容に思うこと:

» 次期戦闘機F35A 予想より低価格で導入か=韓国 [Revival Japan - 日本復活を叫ぶ - ブログ]
次期戦闘機F35A 予想より低価格で導入か=韓国 スレッドURL: http://awabi.open2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1395403429/ 1: 忍法帖【Lv=78,いっかくうさぎ】 2014/03/21(金)21:03:49 ID:hmNU7Okak 【フォー ...... [続きを読む]

« 中国国営テレビ「中国がロシアから戦闘機と潜水艦購入」報道の怪 | トップページ | 日本が「核兵器の人道的影響に関する共同声明」に賛同を見送ったことに思うこと »

最近のトラックバック