フォト

twitter

無料ブログはココログ
2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

今日の時事英語

  • 今日の時事英語

« 防衛省がMQ-8の導入を検討 | トップページ | 新防衛大綱と新中期防が発表 »

2013年11月25日 (月)

F-15JをF-15MJへ改修検討報道の謎

Dscf0353

F15j

(上の写真二枚は筆者がJA2012会場で撮影のF-15J改良構想模型 クリックで写真拡大)

1.はじめに

 航空自衛隊の関係者が航空自衛隊のF-15Jをさらに改良し、F-15MJ仕様に改修するとの一部報道がありました。

"Japan mulls F-15MJ upgrade for Eagle fighters(「イーグル戦闘機のF-15MJ改修を日本は熟考」)"(2013年11月12日 IHS Jane's*リンク先はwebciteによる魚拓)

 今回はその記事を検証することとしました。

2.記事の内容とその検証
(1)記事の内容

 下にIHS Jane'sのその記事の一部抜粋と翻訳を行います。
-------------------------------------------------------------------
The Japanese Air Self-Defense Force (JASDF) is to decide whether to upgrade its Boeing- Mitsubishi F-15J Eagle fighter aircraft to the improved F-15MJ standard, a service official said on 13 November.
航空自衛隊(JASDF)はF-15Jイーグル戦闘機を能力向上型のF-15MJ基準に改修するかどうかを決める方針であると隊員が11月13日に述べた。

Speaking at the IQPC Fighter Conference in London, JASDF spokesperson Colonel Koji Imaki disclosed that the decision will be reached "in the coming months".
ロンドンに於けるIQPC戦闘機会議での発言で、航空自衛隊の報道官であるイマキ コオジ一佐は決定が「数か月以内に」行われることを発表した。

Separate to the ongoing F-15J Mid-Life Upgrade (MLU) programme that includes improvements to the aircraft's central computer, radar improvements, an electronic counter-measures system, an Integrated Electronic Warfare System (IEWS), and new weapon systems, the F-15MJ enhancement includes a new M-Scan radar and a Link 16 datalink. While Col Imaki did not say which company would provide these systems, he did say they would be sourced from abroad rather than be domestically produced.
機体の中央コンピュータ改修、レーダー向上、電子妨害システム、統合電子戦システム(IEWS)、新武器システムを含む現在進行中のF-15J中間寿命改修(MLU)とは別に、F-15MJ改修は新型MスキャンレーダーとLink16データリンクを含む。イマキ一佐はどの業者がこれらのシステムを納入するかは述べなかったが、国内生産よりも海外から供給されると述べた。

The colonel did not divulge how many of the JASDF's 156 F-15Js are being considered for this F-15MJ improvement, nor did he provide timelines.
一佐は航空自衛隊の156機のF-15Jのうち何機をF-15MJとすることを検討しているか、そして具体的なスケジュールに関して公表しなかった。

Col Imaki's revelations on the F-15J upgrade chime with comments by Jim Armington, vice-president of business development for the East Asia-Pacific Region at Boeing Defense, Space, and Security, who told IHS Jane's in late October that Boeing was "very involved" in the JASDF's F-15 upgrade programmes.
イマキ一佐のF-15J改修に関する公表は、ボーイング防衛・宇宙・安全保障部門のビジネス発展 東アジア-太平洋地域担当Jim Armington副社長による航空自衛隊によるF-15改修プログラムに「深く関わっている」との10月下旬のコメントと合致している。

"Now we are talking about a major upgrade involving some of the new technologies that are coming into the F-15 Advanced [the latest F-15 concept shown at the Seoul International Aerospace and Defense Exhibition]: the AESA [active electronically scanned array] radar, the new mission computer, the cockpit display," Armington said.
先進版F-15(ソウル国際航空機・防衛展示会で展示された最新式F-15概念)に組み込まれた新技術を含んだ大規模な改修に関して現在協議中である。 :AESA[能動電子走査配列]レーダー、新作戦コンピュータ、コックピットディスプレイ」であるとArmington氏は述べた。

(引用及び翻訳終了)
-------------------------------------------------------------------
(2)内容の検証
(a)IQPCとは

 このIQPC戦闘機会議とは何でしょう。彼らはIQPC(International Quality & Productivity Center:国際生産性本部)の一部であり、公式ホームページを持っています。

Internatinal Fighter

 このホームページによりますと、スポンサーはRaytheonBoeing、DISCOVERY AIR Defense services、Eurofighter TyphoonSAABです。このホームページの議事日程の項目のMain Conference Day 1にイマキ コオジ一佐によるプレゼンスケジュールが掲載されていました。概要のみであり具体的な内容は記載されていませんが、航空自衛隊のイマキ コオジ一佐がこの会議でプレゼンを実施したことはこれにより確認できます。

(b)F-15MJ改修内容は
 
F-15MJとは厳密には恐らくF-15 Modernized Japanの略称であり、単純にF-15J改修の英訳ではないかとする説が一部にあります。F-15J改修に関しましては以前にもこのブログで執筆したことがありました。

「米空軍のF-15改良計画に思うこと」(2011年11月25日 (金))
「ボーイングによる試験は(米空軍の)F-15C/Dの寿命が9,000時間から18,000時間に延ばすことが出来る。」

「JA2012国際航空宇宙展に於ける各メーカー表明事項-前半-ボーイング社編」(2012年10月20日 (土))
「機体のセンサー、電子機器、武器に相当な追加の改善を視野に入れる。」(またこの過去記事から上のJane'sの記事に登場したボーイング防衛・宇宙・安全保障部門のビジネス発展 東アジア-太平洋地域担当Jim Armington副社長が元F-15パイロットであることが分かります)

 上のJane'sの記事でも分かりますが、現在実施されています形態Ⅰ型、形態Ⅱ型を更に改修した機体である様です。
(下の画像は防衛省「平成20年度予算の概要」(PDF)より クリックで拡大)

F15

 この形態Ⅰ型では既にAPG-63(V)1へ換装されていますが、レーダーをさらに改修するとなりますと、このM-Scan radarを如何に解釈するかが問題となります。 Mechanically scan radar:機械式走査方式レーダーを指しているのか、それともMulti-Scan radarつまりAESAレーダーを指すのかです。形態Ⅰ型にてAPG-63(V)1に交換されており、F-15Jに搭載可能なこの次のレーダーとなりますとAPG-63(V)3のみとなりますので、ここはやはり後者のAESAレーダーと考えるのが自然と言えます。またJim Armington副社長はAESAであると明言していますので、まず間違いがないと言えるでしょう。

(下の画像はWikipedia日本語版からAPG-63(V)3の図解、そもそもはRaytheon社の配布物からの模様であるが、今はリンク切れとなっている)

Anapg63v3

 Jim Armington副社長は日本側と協議中のF-15J改修に関しましては、上のJane'sの記事に掲載されていたコメントでソウル国際航空機・防衛展示会で展示された最新式F-15概念と述べており、F-15SEがイメージ的に近いと予想することが可能でしょう。

F-15SE Silent Eagle Cockpit Mock-up

(上の写真はFlickerに投稿されたF-15SEのコクピットモックアップの埋め込み画像)

 実際のところは予算面からどの程度まで実現化されるかは分かりません。イマキ コオジ一佐が述べた通りにAPG-63(V)3とLink 16にとどまると考えるのが恐らくは妥当でしょう。またAPG-63(V)3とLink 16を加えるとするならば、レーダーがAPG-63(V)1に交換されてデータリンクを搭載したJ-MSIP機体で形態Ⅰ型以上の機体を対象とするのが現実的です。

3.今回の報道の意味合い
 この報道が事実だとしますと、航空自衛隊の今後の最終的なF-35A調達数にも若干の影響を及ぼすかもしれません。またF-15Jを予算面から長期に亘り運用するということが前提にあり、そうだとしますとやはり厳しい財政状況に影響を受けたことによるものであり、余り喜ばしいことと言えないのかもしれません。

« 防衛省がMQ-8の導入を検討 | トップページ | 新防衛大綱と新中期防が発表 »

軍事」カテゴリの記事

コメント

F35の調達遅れに備えてのことなんでしょうか?
それとも国産F3の工程を睨んでのことなんでしょうか?

しょーちゃん様

 基本的にはF-35の開発はほぼ山を越えたと言っていいと思います。F-35Aはご存じの通りF-4EJ/EJ改の後継です。
 
 それに対してF-15J非MSIPをどうするかとの中長期的課題があります。それもF-35Aで補うかどうかの問題がまずあります。
 
 さらにその次にF-15J MSIP対応機を今後どうするのかとの検討課題があり、それをF-35Aで補うのが相応しいかとの根本的な問題があり、もし適当ではないとなると代替は何かを検討しなくてはなりません。現段階では空自が望むほどの性能を有する純粋な制空戦闘機はありません。F-22Aを導入出来ていればまた状況は大きく変わっていたと思われますが、それはもう実現はほぼ不可です。だとしますとF-15J MSIP機を改修し陳腐化を防ぎながら、長期に亘って運用するとの選択肢が最も現実的となります。

 ただそうしますと改修の予算が必要となり、そうしますともし将来的にF-35Aを追加調達するとなりますと、その追加分のF-35Aの予算にも影響を及ぼす可能性があるというのが私の個人的な考えです。

最初の期待が納入されて30年、最後の期待が納入されてそろそろ15年、金属疲労などの事も考えますとF15延命はお金がかかりそうですね。
しかしこの近代化改修、どれほど性能が向上できるのでしょうか。
中露の機体に何処まで対抗できるようになるのでしょうね?

ハセヲ様
 そもそもの基本性能・基本設計が優れていますので、電子機器の改良を重ねていきますと中期的にもそれ相応の抑止力として機能することは可能かと思われます。

 さらに言いますと戦闘機単体で優位性を確率出来る情勢ではありませんので、AWACSや空中給油機、更に統合運用の体制を確立して抑止力を維持・向上する必要性があります。

 もし改良が実施されますと、それは米空軍の"ゴールデンイーグル"とほぼ同等の性能を有する機体となるでしょう。

はじめまして。
F-15MJ報道について、私奴も解消できぬ疑問に振り回されておりましたところで、
技術に明るいアシナガバチさんの記事に勉強させられました。

一点、実は私自身が誤認していたかも知れない点が御座います。
M-scanの解釈がこの記事の大きな分水嶺となるのは全く賛同いたします。
私奴も11月17日頃まで、E737ピースアイの「Multi-Role Electronically Scaned Array」
MESAが念頭にあったため、M-scanをMechanicallyでなくMultiだと考え(語意的にも
多目標対応レーダですから)、M-scanはAESAと認識しておりました。
しかし、M-scanという独特の表記からはどうやらAESAは「E-scan」Electronicallyと
いう呼び方が適用されるようで、やはりM-scanはMechanically=AN/APG63(v)1
なのかなぁ、と考えている今日この頃でございます。

とは言え、M-scanを形態一型と考えると記事が矛盾だらけになるのも事実で、
(v)3と解釈する方がイマキ一佐・ボーイング役員の発言と整合するのも事実です。
また露中がSu-35系を導入してF-15J形態二型を圧倒しつつある現状を憂う身と
しては、AN/APG63(v)3どころかIRSTも増設しちゃって、今回の記事がゴールデン
イーグル導入を謳うものであってほしい、と願うばかりでございます。
いずれ共、数ヶ月後の発表を楽しみに致しましょう。また勉強させて下さいませ。

H5M5jmmB0様
はじめまして。今後とも宜しくお願いします。
「技術に明るい」だなんてとんでもございません。私の大学時代の専攻は政治学/法学でした。今はやや技術に関係した仕事もしていますがエンジニアではありません。
イマキ1佐は現在行われているレーダー向上等を含む改修とは別にと述べていますので、やはりAESAではないかと私も解釈しています。

はじめまして
新たな防衛大綱で戦闘機定数が260機から280機へ1個飛行隊分増強され防衛費も明確に増額の方向へ進みました
これはF-35Aを20機追加する事の確定とそれに伴いF-15J改修も影響を受ける事になるのではないでしょうか?

赤りんご様

はじめまして。今後ともよろしくお願い申し上げます。
NHKの報道によりますと「戦闘機部隊に偵察機部隊1個飛行隊を編入して13飛行隊に増やし、旧式化した偵察機は、順次、戦闘機に置き換える」としており、これはRF-4EをF-35Aにて代替するのではないかと私は考えます。

「防衛予算23兆9700億円で最終調整へ」 ( 2013年12月13日 4時18分)http://www.webcitation.org/6LsxI4NuK

もしそうだとしますと、これによりF-15Jの改修に使える予算が減る可能性はあります。ただこれに関しては改修内容と予算配分によりバランスがそれぞれ変わることもあるかもしれません。

F-15の改修については中期防で26機にとどまるようでこれだと計98機なので
MSIP機のみのようですね。
また改修に向かない機体の代替を検討との文言もあったので
PreMSIP機についてはF-15J改(海外名称F-15MJ)の水準にはせず
F-2と共通の簡易データリンク程度の追加にとどまる
ということでいいんでしょうか。

ユーリ 様
>「改修に向かない機体の代替を検討」
機体の代替です。改修ではありません。即ちF-15J非MSIP機の後継機を検討するとの意味です。

「F35」旧型の主力機の代替に検討(2013年12月18日 4時37分 NHK)
http://www.webcitation.org/6LwWQI6Ur

「将来的に100機を上回るF35を保有することで、軍事力の増強を続ける中国に対し、航空戦力を優位に保ちたいとしています。」

F-15J/DJ改にしない、つまりAN/APG63(v)1とコンピュータへの改装は行わないとして、
自衛隊デジタル通信システム(JDCS(F))の搭載はF-2とPreMSIP機を想定して
開発されているので行われるであろうと書いたのですが、うまく伝わらなかったようなら
すいません

F-35Aの導入も既定の2個飛行隊分にPreMSIP3とRF-4の1個飛行隊を併せ
最大6個飛行隊になると考えるとかなりの規模ですね

新中期防の発表で、ついにF-15Jの更新についての具体的言及があったので、
話が現実化したことを喜びたいですね。

戦闘機が、現状の260機から280機へ、とあります。
現状のF-15J/DJは201機、そのうちJ-MSIP近代化改修対象機が90機
(本年度まで予算済64機+新中期防26機)となりそうですね。
また、F-4代替のF35は42機ですから、
280-90?-42 = 148機
つまりPre-MSIP機の更新としては、148機もの新戦闘機が拡充される
見込みなのでしょう。(80機のF-2更新はまた別の話・・・)

この数を更新するためには、中期防以降に初度費が落ち着いたとしても
15年~20年近い年数がかかるはずです。
そうなると、「F-15MJ」更新までには今から20年超、2030年代後半まで
頑張ってもらう必要があり、もう改修内容よりも機齢が心配になってしまい
そうですね。

>H5M5jmmB0氏
現在では支援戦闘機も戦闘機に統一されているためF-2も含みます。
逆に戦闘機定数には予備機やF-15DJやF-2Bを含む練習機などは含みません。
なので追加で必要なのは4個飛行隊分と予備機などで最大でも100機程度
ではないでしょうか

また、形態1型相当として8機が改修されているのでF-15J/DJ改の予算化は
現在72機かと

ユーリさん
ご教示ありがとうございます。

形態一型の8機、まったく見誤っておりました。。
形態一型改修機にそのまま二型改修が施工されたと勘違いしていました。
平成24年行政事業レビューシート (防衛省)
http://www.mod.go.jp/j/approach/others/service/kanshi_koritsu/h24/materials/r-sheet/03.pdf
を見ると、形態一型の施工がそのまま計画数として計上されていますので、
一型は一型のまま終わらせる予定のようですね。

よく分からないのは、当初88機予定だったF-15J改修が、今回の中期防
(H26~H30年度)で72+26=98機に増えている点でして。J-MSIPは
計102機なので、H31年度に残り4機を済ませるのでしょうかな。

戦闘機総数の件。
私もそうかなと考えたのですが、F-15・F-4・F-2だと「現状260機体制」が
説明できなくて、現況が350機近くなるんですよね。。。
260機・280機の計画数だと、F-15が約100機、F-2が約90機なので、
F-35は70~90機の配備となるのですが、現在の実数・計画数の乖離や
航空団の増加計画(計画13=F-15:4、F-2:3、F-35→6?)から考えると、
やはりF-35は百数十機そろえるという計画かと考えるべきなのでしょうか。

すいません、不勉強ばかりで。。。

人様のブログで長く語ってしまい申し訳ないですが。
改修機のほかに試改修機が2機あるので、総計100機の
計画になったんじゃないかと思います。

現大綱の260機の戦闘機定数は約22機×12個飛行隊のことです。
たとえばF-2の94機のうち60機しか3個の戦闘機飛行隊定数分としては
要求されていません。残りは21機の練習飛行隊用や予備機などです。
戦闘機の種類によって飛行隊定数は異なるようですが、
6個飛行隊までF-35Aが増加するなら、総取得数は140機程度には
なるんじゃないでしょうかね。

ユーリ様
ご教示をいただき誠にありがとうございました。

アシナガバチ様
おかげさまで大変勉強になりました。ありがとうございます。

新しい防衛大綱と次期中期防衛計画で第501飛行隊を解体し戦闘機部隊化するという計画が出ていますし、F-15J/DJのPre-MSIP機?もF-35Aで代替するという話も出てきていますから、どうなんですかね。第501飛行隊の戦闘機部隊化は自分も奥の手とは考えていましたが。偵察任務もF-35Aでやらせるって事なんでしょうか。

ユーリ様、H5M5jmmB0様、キンタ様
 あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願い申し上げます。また返信が遅れまして誠に申し訳ありません。

>「中期防でF-15Jの更新についての具体的言及」
>「F-15MJ」更新までには今から20年超、2030年代後半まで頑張ってもらう必要
この26機に関して具体的な改修内容に関して言及があった訳ではありませんが、是非とも"MJ"仕様にして欲しいものですね。米国ではF-15シリーズの寿命を大幅に延長する研究が行われています。
http://paper-wasp.cocolog-nifty.com/blog/2011/11/flig-844b.html

>「人様のブログで長く語ってしまい申し訳ないですが。」
とんでもございません。議論歓迎です!

>「第501飛行隊を解体し戦闘機部隊化」
私もそれが望ましいと以前から主張していました。
http://paper-wasp.cocolog-nifty.com/blog/2011/12/f35-4e40.html
EOTSのYouTube
http://youtu.be/CPc8UlkqYr8

はじめて投稿します。将来的にはF-15の後継もF-35になると思いますが…それまでの繋ぎじゃないでしょうか?名称は「形態3形」になるのかな?

真弥様
はじめまして。今後とも宜しくお願い申し上げます。
恐らくF-15J MSIPは長期運用されることとなりますから、そうしますとF-15J MSIPの後継が検討される時期には第六世代戦闘機の開発/配備が進んでいると考えられます。

コメントありがとうございますm(_ _)m第6世代戦闘機ですか、そうなると現在研究中の先進技術実証機がベースの国産ステルス戦闘機になるのでしょうか?

真弥様
此方↓はF-2開発の後継となっていますが、恐らく関連事業となると思われます。
http://paper-wasp.cocolog-nifty.com/blog/2010/08/16-766b.html

http://paper-wasp.cocolog-nifty.com/blog/2011/02/post-559f.html

米Lockheed Martin社が描いたF-22A後継機のコンセプトアートが此方↓です
http://www.webcitation.org/64soAFGd5

全く以て滑稽

何故F-15改修予算の上下で、F-35の導入数が
左右されないといけない?

F-35の導入はF-4の後継機種の話。
予算使徒目的が異なるのだからそれぞれに枠が存在する。
いくら財政が厳しくともどちらも譲れない話。
減らせというのなら、両方ともに導入ペース、時期をずらすか、
MJ化改修のメニューのスケールダウンだってあり得る。

MJ化のためにF-15よりも、運用年月も、開発終了からの
部品底尽きが危機迫ってるF-4の機首更新のほうが
余程重要

大体が何故米メーカーと米国議会の話をソースとして出さずに
どうでもいいイギリスの一部の意見集約と提言をしてるだけの寄り合い所帯での放言を真に受けてんだ。

爆笑物の妄言だな。
軍と兵器を語りたければもうちょっとまともな知見備えてから書けや

空自F-15J/DJを是非「F-152040C」化すべきです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/560041/58622494

この記事へのトラックバック一覧です: F-15JをF-15MJへ改修検討報道の謎:

« 防衛省がMQ-8の導入を検討 | トップページ | 新防衛大綱と新中期防が発表 »

最近のトラックバック