フォト

twitter

無料ブログはココログ
2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

今日の時事英語

  • 今日の時事英語

« 日本国武器輸出三原則の変遷 | トップページ

2014年4月21日 (月)

THALES BUSHMASTERを防衛省が導入へ

1280pxdutch_bushmaster_with_remote_
(上の写真はWikipedia英語版からブッシュマスター、クリックで拡大、ISAF撮影配布自由)

1.はじめに 

 2013年度補正予算で導入が決まりました輸送防護車にオーストラリア製のブッシュマスターが選定されたとの報道がありました。

政府、「輸送防護車」にオーストラリア製の装甲車を選定(2014年04月05日(金) 07:34 FNN)

 防衛省からは2014年4月21日段階で公式の発表を見つけることは出来ませんでしたが、ブッシュマスターの製造元であるタレス社のプレスリリースには掲載されています。

JAPAN BUYS THALES BUSHMASTERS (「日本がタレス製ブッシュマスターを導入」2014年4月7日)

 今回は導入までの経緯とブッシュマスターの仕様に関しまして記事を執筆することとしました。

2.導入までの経緯

(1).アルジェリア人質拘束事件
 現地時間の2013年1月16日の早朝未明に発生しましたイスラム武装勢力によるアルジェリア人質拘束事件が、日本がブッシュマスターを導入する大きな契機となりました。

国際テロの脅威~1 在アルジェリア邦人に対するテロ事件~ (公安調査庁公式HP魚拓)

(下の画像はWikipediaの「アルジェリア人質拘束事件」より施設周辺の図。左側の「Tigantourine gas complex」が天然ガス施設と居住区、右側の「In Amenas」がイナメナス市街地。クリックで画像拡大、Al MacDonald氏作成)

In_amenas_hostage_crisis_map

(2).自衛隊法改正
 この事件を受けて政府内部で「アルジェリア政府が採った被害邦人及び遺体の輸送措置と同様の対応が派遣先 国政府から期待できない場合、陸上輸送を含む派遣先国における様々なニーズに対応できるよう現行法制の検討」する方向となり、「自衛隊による派遣先国における陸上輸送を可能とすること、我が国政府職員、企業関係者、医師等を輸送対象者に加えること等を主な内容とする自衛隊法改正案を衆議院に提出し」、「第 185 回国会において 11 月1日に衆議院本会議で可決(多数)の上、参議院に送付され、11 月 15 日に参議院本会議において可決・成立」することとなったのです(「」部分は自衛隊による在外邦人等の陸上輸送― 自衛隊法の一部を改正する法律案 ―外交防衛委員会調査室 沓脱 和人 )。

 この改正により自衛隊法に下記の規定が加えられることとなりました。

第八十四条の三「防衛大臣は、外務大臣から外国における災害、騒乱その他の緊急事態に際して生命又は身体の保護を要する邦人の輸送の依頼があつた場合において、当該輸送において予想される危険及びこれを避けるための方策について外務大臣と協議し、当該輸送を安全に実施することができると認めるときは、当該邦人の輸送を行うことができる。この場合において、防衛大臣は、外務大臣から当該緊急事態に際して生命若しくは身体の保護を要する外国人として同乗させることを依頼された者、当該外国との連絡調整その他の当該輸送の実施に伴い必要となる措置をとらせるため当該輸送の職務に従事する自衛官に同行させる必要があると認められる者又は当該邦人若しくは当該外国人の家族その他の関係者で当該邦人若しくは当該外国人に早期に面会させ、若しくは同行させることが適当であると認められる者を同乗させることができる。」

3  第一項の輸送は、前項に規定する航空機又は船舶のほか、特に必要があると認められるときは、当該輸送に適する車両(当該輸送のために借り受けて使用するものを含む。第九十四条の五において同じ。)により行うことができる

(3).平成25年度補正予算案に「輸送防護車の整備」が明記
 前述の改正に伴い、政情不安定な国に於いての活動を前提とした装備が必要となってくるのは自明の理です。平成25年度補正予算案(防衛省所管)の概要(PDF:260KB 平成25年12月12日掲載)には「輸送防護車の整備」が明記され、それは各マスコミでも報じられました。

「邦人保護に輸送防護車=防衛省」(2013年12月12日 19:57 時事通信)
「『輸送防護車』4両の購入費7億円など、総額1197億円を計上した。」

(下は平成25年度補正予算案(防衛省所管)の概要(PDF:260KB 平成25年12月12日掲載)に掲載された「輸送防護車」のイメージ図)

Transport_protected_vehicle

 これを受けて私を含めて一部には米軍がアフガニスタンで使用した中古のMRAPを導入するのではないかとの見方も散見されました。実際に米国はアフガニスタンで使用したMRAPを海外に輸出する方向性です。

US Looking to Sell Portion of Afghan MRAP Fleet (2013年12月4日 12:33PM Defense News, 米国はアフガンのMRAPの一部の売却を模索)

 しかしそれ以降の続報では興味を示している国の中には日本が列挙されることはありませんでした。

Pakistan, Afghanistan, India Want Leftover US MRAPs(2014年4月1日 03:45AM Defense News, パキスタン、アフガニスタン、インドは米国MRAPの残りを要望)

 上記のDefense Newsの記事に於きましても、列挙されているのはパキスタン、アフガニスタン、インドであり日本の名前はありません。そうした中でオーストラリア製のブッシュマスターが選定されたとの報道があり、米国製の中古ではなかったことが判明しました。

3.ブッシュマスターの仕様

この動画はTHALES公式アカウントによりYouTubeに投稿されたBushmasterの動画

 ブッシュマスターには複数の種類があり(どの種類でも車体は高い共通仕様を有する)、日本が導入するタイプがどのタイプに該当するのかが不明ではありますが、Thales社の公式サイトからここでは兵員輸送タイプを見てみることとします。

全長:7,180 mm
幅:2,480 mm
全高:2,650 mm
輪距:2,100 mm
ホイールベース:3,900 mm
フロントオーバハング:1,340 mm
リアオーバハング:1,950 mm
乗員10名(運転手を含む)、構造:常時4x4
重量:15,000 kg(総重量)、12,400 kg(装備重量)
内部容量:11.2 m³
速度:100 km/h
総重量時の最大航続距離(路面走行時):800 km
渡河:1200 mm(準備なしで)
勾配:60%迄
垂直障害物:457 mm
武装:銃架3ヶ所、1ヶ所はRWS、12.7mm機関銃ないしは40mmAGLの搭載可
C-130Hによる輸送が可能

 日本がブッシュマスターの導入を決めたのは、北大路機関様が2014年04月17日の記事「豪製ブッシュマスター耐爆車両、防衛省が“輸送防護車”邦人救出用車両として選定」で簡潔に説明していますが、「車幅が2.48mと抑えられており、既存の自衛隊車両のように道路運送車両法の枠内で運用可能」であること、「防弾性能と共に防御力の重要な要素を占める耐地雷性能が評価されたこと」を推測していますが、それ以外にも右ハンドルという要素も検討されたかもしれません。

*追記:タレス社のプレスリリースには"The vehicles, all troop carrier variants, will be manufactured at the company’s facility in Bendigo, Victoria in Australia, for delivery in late 2014."(同車輛は全て兵員輸送仕様であり、オーストラリア連邦ビクトリア州ベンディゴの施設で製造され、2014年後半に納入される)との記述がありました。

4.さいごに

 今回の豪州製の装甲車導入は豪州との安全保障面での連携強化の一環と言えるでしょう。実際に日豪両国に於きましては首相交代や政権交代が相次ぎましたが、その方向性は全く変わっていません。

過去関連記事

豪首相が日本との安保関係強化を希望 (2011年4月25日 (月))

豪州ダーウィンに米国海兵隊駐留へ(2011年11月13日 (日))

豪が日本の「そうりゅう」をベースに新型潜水艦の開発を希望(2012年7月14日 (土))

 4月5日(土)~8日(火)のトニー・アボット・豪首相の訪日に於きましても、日豪間の安全保障協力を一層強化することで両首脳が同意しており、今後もこういった新たな動きがあるかもしれません。

« 日本国武器輸出三原則の変遷 | トップページ

軍事」カテゴリの記事

コメント

アシナガバチ様お久しぶりです。4両は少ないですね、まずは試験的に運用して性能を確認してから本格導入するのでしょうか?

真弥様
此方こそ大変ご無沙汰しております。
四両との少ない調達数の理由は、主力装備として調達するのではなく、あくまでも正常不安定な内戦状態の国に於きまして、現地滞在の少数の邦人を救出する為の装備であるからです。国内に於ける正規戦では、高さの低い96式等がむしろ望ましいと言えるでしょう。

多々ある軍事系考察ブログの中でも客観性がかなり担保されてるように感じます
更新心待ちにしています

ブッシュマスター、かなり導入が突然のようにも思えますが
・現時点において早急に導入する必要性
・あえて輸入を選択する意義(現在要素研究をしている耐爆型軽量戦闘車両の存在)
・そもそも自衛隊のドクトリンに合致してるのか、将来しうるのか

等を考えると記事中のように政治的な意味合いがとても強い導入のように感じます

例えばAAV7ならば、装甲車にウォータージェット推進という馴染みのない技術が用いられていますし島しょ防衛の必要性が急激に増したという政治的状況があるので数十年前に設計されてる車両であっても輸入する必要性は認められます

邪推にすぎるかもしれませんが、潜水艦の技術供与と引き換えになるような外形上の要請もあったのではないかとも思います
いきなり武器輸出を大々的に解禁して一方的に売りつけたと思われるのは双国にとって良い印象とはならないでしょう

2014年4月26日 (土) 16時17分様

私も政治的な意味合いが大きいのではないかと考えています。
小野寺防衛大臣が豪州を訪問しましたが本日の記者会見にてF-35Aの調達で豪州と協力してコストの低減を目指す旨を表明しています。
http://www.mod.go.jp/j/press/kisha/2014/04/28.html

かなりくだらない質問をしますが、アシナガバチ氏は自衛隊納入後どの様な迷彩にすると考えますでしょうか
アルジェリア事件がきっかけとするとタンカラーでしょうが邦人救出ならば環境の考察などできないでしょうし、緊急性をとなうとなると塗装する時間など無いように思います
自衛隊車両の例にもれず緑と茶の二色なんでしょうかね?

ふらけ様
恐らく通常の迷彩塗装になる可能性が高いと私は考えます。イラクでも日本であることを示す為に緑を基調にした塗装でした。
その一方で実戦的な塗装とするならば、正常不安定ないしは失敗国家であることが予想されますので、派遣が想定される地域は限られてきますから、それに相応しい塗装になる可能性もあります。但しその場合は軽装甲機動車や96式もそれに準じた塗装を一部用意する必用があるかもしれません。

初めまして、日々お疲れ様です。(初コメです)
このブログの記事とは全く関係のない事ですがよろしければ教えてください。 
それは今の日本には自衛官が何万人いるのでしょうか?
あるブログでは2012・3/31現在、22万7848人(参照:【自衛隊の秘密】←検索 左端のカテゴリーの下から10番目の「女性自衛官は超モテる?」の文章中に出てきます)の自衛官がいると書いてあります。 もうひとつは2013・3/31現在22万4526人(参照:【防衛省・自衛隊の人員構成】←検索 “2”の自衛官の定員及び現員に22万4526人と書いてあります。) これらを比較すると2012年から2013年の1年間で約3000人の自衛官が削減されたことになります。 一体、今現在本当のの自衛官の実員は何人なのでしょうか?  しかし日本の自衛官の人数は少なすぎると思います。 東アジアは世界でも屈指の軍人密集地帯です。 中国人民解放軍は約230万人、朝鮮人民軍は約119万人、韓国軍は約67万人、そして人口が2000万人足らずの台湾でさえ約29万人の軍隊があります。 それらの中で日本は23万人弱というのは少し心もとないと思います。 これから首都直下型地震や東南海地震が起きるかもしれないと言われています。 東日本大震災では10万人の自衛官の動員でも人手不足が問題になりました。 首都直下型、南海トラフではその倍以上の自衛官のマンパワーが必要になると思います。 「国防」と「災害救助」を同時に行わなければならない日本にはもう少し自衛官が必要かと思います。 NATO(北大西洋条約機構)の適正国防費はGDP比2.0%であり、日本の防衛費GDP比1.0%はグローバルスタンダードからしてもあまりにも少なすぎると思います。 防衛費獲得のために、削れる予算は削って日本国民の生命、財産は守ってもらいたいものです。

PS
平和ボケした日本国民に一言!
「本当の平和を心から望むなら・・・戦争の準備をしておけ」 

言いたかないが
ここはネトウヨが暴れるところではない
他のコメントを見てみろよ
そういうのは大艦巨砲主義!とかでしてくれ

初のオーストラリア製兵器の導入かな

こちらのHPは、もう更新されないおつもりでしょうか。楽しみにしておりましたので。お伺いまで。

銀魚様
復活は考えています。お待たせして誠に申し訳ありません

迅速なお返事ありがとうございます。お忙しいことと思います。ゆっくりお待ちしていますので。

アシナガバチ様
thebbs.fc2.com/thread/292897/21
これは 539A 遠方かつ BC8233 の 出来事であり、内容も錯覚を含んでおりますので、職権で削除して下さい。

82式指揮通信車に87式偵察警戒車に87式自走高射機関砲に89式装甲戦闘車、これらAFVの後継車を早く決めて配備しましょう。周辺諸国(露中南北朝台)は待ってくれませんよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/560041/59497777

この記事へのトラックバック一覧です: THALES BUSHMASTERを防衛省が導入へ:

« 日本国武器輸出三原則の変遷 | トップページ

最近のトラックバック